このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000061518
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M09072314376454
事例作成日
(Creation date)
2009/07/18登録日時
(Registration date)
2010年01月05日 02時24分更新日時
(Last update)
2018年12月05日 00時30分
質問
(Question)
候補者の選挙事務所に差し入れできる飲食物は法律で決められているのか。
回答
(Answer)
公職選挙法の第13章、第139条において「何人も、選挙運動に関し、いかなる名義をもつてするを問わず、飲食物(湯茶及びこれに伴い通常用いられる程度の菓子を除く。)を提供することができない。(後略)」と飲食物の提供の禁止を規定している。『すぐわかる選挙運動-ケースでみる違反と罰則-』によると、飲食物とはなんら加工しなくともそのまま飲食に供しうるものをいい、料理、弁当、酒、ビール、サイダー等の清涼飲料水、菓子、果物等が禁止の対象となる。また、候補者に対する陣中見舞いのような差し入れにおいてもこれらの「飲食物」を持ち込むことが同様に禁止されている。ただし、「湯茶及びこれに伴い通常用いられる程度の菓子」の提供は許されており、せんべい、まんじゅう等のお茶うけ程度のもの、みかんやりんごといった果物はよいとされている。『よくわかる政治のしくみ』、『Q&A選挙と捜査』、『選挙運動早わかり』にも提供が許される飲食物について解説されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
議会  (314 9版)
参考資料
(Reference materials)
『六法全書平成21年版』有斐閣 2009、3192p、参照はp117.三好規正著『すぐわかる選挙運動-ケースでみる違反と罰則-』イマジン出版 2007、244p、参照はp123-126.林雄介著『よくわかる政治のしくみ』ナツメ社 2007、231p、参照はp102.渡辺咲子著『Q&A選挙と捜査』立花書房 2007、190p、参照はp75、p111-114.全国町村議会議長会編『選挙運動早わかり』学陽書房 2007、214p、参照はp95-99.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2009072314390676454
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000061518解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!