このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000061506
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M09070113576312
事例作成日
(Creation date)
2009/07/01登録日時
(Registration date)
2010年01月05日 02時21分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
国会議員の特権について知りたい。
回答
(Answer)
国会議員には、日本国憲法において、「不逮捕特権」(第50条)及び「発言の免責特権」(第51条)、「歳費特権」(第49条)が保障されている。『新・国会事典 第2版』では、議員の不逮捕特権及び免責特権、歳費について解説している。具体的な歳費額やその他の待遇については、『呆れる議員特権』や『この国は議員にいくら使うのか』、『政策秘書が書く国会議員改革』、『政治のことよくわからないまま社会人になってしまった人へ』にも記載されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
議会  (314 9版)
参考資料
(Reference materials)
安部力也著「呆れる議員特権 信じたくないホントの話」河出書房新社,2006.7,207p,参照はp16-203.河村たかし著「この国は議員にいくら使うのか」角川SSコミュニケーションズ,2008.9,175p,参照はp14~26,p64~75.白崎勇人著「政策秘書が書く国会議員改革」長崎出版,2003.10,286p,参照はp70~71,p88~94,138~139.池上彰著「政治のことよくわからないまま社会人になってしまった人へ」海竜社,2008.4,231p,参照はp108~114.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2009070113595476312
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000061506解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!