このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000060800
提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
10-2C-200912-01
事例作成日
(Creation date)
2009/06/09登録日時
(Registration date)
2009年12月15日 02時10分更新日時
(Last update)
2010年06月29日 20時58分
質問
(Question)
江戸時代の歴代「中町奉行」の在職期間を知りたい。
回答
(Answer)
江戸時代で三奉行制だったのは、元禄15年(1702年)に鍛冶橋内に「中町奉行所」ができてから、
享保4年(1719年)に廃止されるまでの16年間のみ。
この間、三奉行所の改廃・移転が度重なり、呼称の「北・南・中番所」を用いる資料と、
相対的な位置による「北・南・中番所」を用いる資料がある。

「名奉行仕置帖(18) 中町奉行・坪内能登守定鑑」(「歴史読本」2007年6月号)によると、
  中町奉行に就任したのは、丹羽長守(にわながもり)と坪内定鑑(つぼうちさだあき)のみ。
  丹羽長守は元禄15年(1702年)閏8月15日に中町奉行に就任。
  坪内定鑑は宝永4年(1707)4月22日に南町奉行から中町奉行に転任。
  丹羽長守は同日、中町奉行から北町奉行に転任、とあり。

これは宝永4年に、最北の常盤橋内にあった奉行所(北町奉行所)が、最南の数寄屋橋内に移転し、
鍛冶屋橋のふもとにあった奉行所(南町奉行所)が位置的には「中」に、鍛冶屋橋と呉服橋の中間にあった奉行所(中町奉行所)が位置的には「北」になったための転任。

そのため、「国史大辞典」13巻“町奉行(江戸)”の項「町奉行一覧」には
丹羽長守 元禄15年(1702年)閏8月15日に中町奉行に就任、正徳4年(1714年)1月26日辞任とあるが、宝永4年(1707)4月22日以降の肩書きは「北町奉行」であると思われる。
回答プロセス
(Answering process)
1.商用データベース「Japan Knowledge(ジャパンナレッジ)(事典・辞書等)」
 1)“中町奉行”で全文検索→該当なし
 2)「日本大百科全書(ニッポニカ)」の「町奉行」の項の「町奉行所の変遷」に、以下のような記述あり。
   「1702年に呉服橋門内の南側に新番所が建てられ、先の数寄屋橋門内の南番所が新設されたため、
    中(なか)番所と称されたが、1719年(享保4)に廃止となる」
 3)「日本大百科全書(ニッポニカ)」の「町奉行」の項の参考文献「江戸町人の研究 第4巻」の内容を確認
    →索引に「中町御番所」とあるが、該当ページには歴代奉行名はなし   
    
2.「国史大辞典」を調べる
 →索引を見るが“中町奉行”はなし。“町奉行(江戸)”の項は13巻にあり。
   「国史大辞典」13巻“町奉行(江戸)”の項(p80の3段目)に、奉行所(北・南・中)の説明あり。
   町奉行所が八重洲河岸内(北)と呉服橋内(南)に設けられたのは慶長9年からといわれ、
   元禄15年の丹羽の任命で鍛冶橋内にも新役所(中)が設けられた。
   しかし、享保4年の坪内定鑑の辞職後は2名制に復帰。
   鍛冶橋役所は廃止された。
   「町奉行一覧」(p81)あり。それに歴代の町奉行と捕職年月日/転免年月日あり。
   「中(町奉行)」として書かれているのは、丹羽長守と坪内定鑑のみ。
   丹羽長守 中町奉行として元禄15年(1702年)閏8月15日就任、正徳4年(1714年)1月26日辞任
   坪内定鑑 南町奉行として宝永2年(1704年)4月28日就任、享保4年(1719年)1月28日 中町奉行として辞任
 →「町奉行」の項の参考文献「江戸町人の研究 第4巻」を確認。
   p12に「町奉行就退任年表」あるが、奉行所の呼称が「常盤橋御番所」など地名表記のため、
   だれが「中町奉行」に該当するのかが分からず。

3.江戸幕府の主要奉行の歴代一覧掲載資料を確認
  (当館職員が、掲載を記憶していたもの)
→「江戸時代&古文書虎の巻」p57に「歴代江戸町奉行一覧」あり。
  捕職年月日/転免年月日ではなく在職期間が書かれているので、国史大辞典より見易いが、
  中番所があった1702年から1719年の間の中町奉行は、1702-1714年 の丹羽長守のみで、
  1714-1719年の中町奉行については記載なし。

4.当館所蔵資料を“江戸幕府×町奉行”で検索
 1)「江戸時代奉行職事典」→歴代奉行名はなし
 2)「町奉行」→p338に「江戸町奉行」の歴代奉行一覧があるが、1702-1714年の丹羽長守のみで、
            1714-1719年の中町奉行については記載なし。
 3)「江戸の町奉行 」→索引に「中町奉行」とあるが、該当ページには歴代奉行名はなし

5.当館所蔵資料で江戸時代の辞典類を確認
 1)「ビジュアル・ワイド江戸時代館」→索引に「中町奉行」とあるが、該当ページには歴代奉行名はなし
 2)「事典しらべる江戸時代」→索引に「中町奉行」「中番所」なし

6.商用データベース「MAGAZINEPLUS」(日外アソシエーツ雑誌論文情報)を“中町奉行”で検索
 →「歴史読本」(2007年6月号 52巻7号)p366-371「名奉行仕置帖(18) 中町奉行・坪内能登守定鑑」
  ・中町奉行所は1702年8月15日に増設され、1719年1月28日に廃止されたので、16年5ヶ月間のみ存在したこと、
   ・中町奉行に就任したのは、丹羽長守と坪内定鑑のみ。
   ・坪内定鑑は宝永4年(1707)4月22日に南町奉行から中町奉行に転任。
    享保4年(1719年)1月28日高齢のため辞職。同時に中町奉行所は廃止された。

2.の「国史大辞典」「丹羽長守 元禄15年(1702年)閏8月15日就任、正徳4年(1714年)1月26日辞任」と、
6.の歴史読本掲載記事の「坪内定鑑は宝永4年(1707)4月22日に南町奉行から中町奉行に転任」が矛盾するが、
これは宝永4年に、最北の常盤橋内にあった奉行所(北町奉行所)が、最南の数寄屋橋内に移転し、
鍛冶屋橋のふもとにあった奉行所(南町奉行所)が位置的には「中」に、
鍛冶屋橋と呉服橋の中間にあった奉行所(中町奉行所)が位置的には「北」になったため、
「中町奉行」だった丹羽長守が宝永4年(1707)4月22日に「北町奉行」、
「南町奉行」だった坪内定鑑が「中町奉行」に転任したため。

奉行所の位置変遷については、「町奉行」p55-「三町奉行所の変転」に詳しい。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
「国史大辞典 13」 国史大辞典編集委員会/編(吉川弘文館、1992.4、ISBN 4-642-00513-7、当館書誌ID:0000256960)
「江戸時代&古文書虎の巻」 油井 宏子/監修(柏書房、2009.4、ISBN 978-4-7601-3539-4、当館書誌ID:0011846662)
「町奉行」 稲垣 史生/著(人物往来社,1964.9、当館書誌ID:0080289748)
「江戸町人の研究 第4巻」西山 松之助/編(吉川弘文館,1979、当館書誌ID:0080040180)
「名奉行仕置帖(18) 中町奉行・坪内能登守定鑑」(「歴史読本」2007年6月号 52巻7号、新人物往来社、当館書誌ID:5111413435)
商用データベース「MAGAZINEPLUS」(日外アソシエーツ雑誌論文情報)
商用データベース「Japan Knowledge(ジャパンナレッジ)(事典・辞書等)」
キーワード
(Keywords)
中町奉行
中御番所
中町番所
町奉行
丹羽長守
坪内定鑑
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000060800解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!