このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000060753
提供館
(Library)
同志社大学 今出川図書館 (3310014)管理番号
(Control number)
2009-077
事例作成日
(Creation date)
2008.7.29登録日時
(Registration date)
2009年12月12日 12時28分更新日時
(Last update)
2011年02月10日 16時33分
質問
(Question)
アメリカが国際連盟に加盟しなかった理由と米国内での交渉過程を知りたい。
回答
(Answer)
回答プロセスをご参照ください。
回答プロセス
(Answering process)
1.ジャパンナレッジ・プラスの『日本大百科全書』で「国際連盟」を検索。
 →「アメリカ大統領ウィルソンのイニシアティブにより国際平和維持を主目的として創設された」とあった。

2.DOORSでキーワードを「国際連盟」と「ウィルソン」に絞って検索。
 →『ウッドロー・ウィルソンの研究:とくに国際連盟構想の発展を中心として』がヒット。
  現物を見ると、第6章に「国際連盟の設立」があり、規約の作成からウィルソン構想の挫折までの記載あり。参考文献あり。

3.『ウッドロー・ウィルソンの研究:とくに国際連盟構想の発展を中心として』の著者、草間秀三郎氏の名前で再度DOORSを検索。
 →8件ヒットした内、『ウィルソンの国際社会政策構想:多角的国際協力の礎石』と『二〇世紀国際政治史』に、
   アメリカが国際連盟に参加しなかった経緯等の記述あり。参考文献あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『ウッドロー・ウィルソンの研究:とくに国際連盟構想の発展を中心として』(東京 : 風間書房 , 1974.12) (大今図 3階北書庫 319.253||W )
『ウィルソンの国際社会政策構想:多角的国際協力の礎石』(名古屋 : 名古屋大学出版会 , 1990.11) (大今図 3階北書庫 319||K25 )
『二〇世紀国際政治史』増補(名古屋 : 名古屋大学出版会 , 1993.4) (大今図 3階北書庫 319||F581-1D)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
教員
登録番号
(Registration number)
1000060753解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決