このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000060149
提供館
(Library)
文化学園大学図書館 (3310049)管理番号
(Control number)
新都心2009-002
事例作成日
(Creation date)
2009年11月26日登録日時
(Registration date)
2009年11月26日 18時09分更新日時
(Last update)
2010年03月29日 17時44分
質問
(Question)
カフリンクス= cuff linksの作り方、デザインなど
回答
(Answer)
下記は日本語で記述が詳しくある資料。
(1)『エスカイア版20世紀メンズ・ファッション百科事典』p260-269 【070014066 /593.37/S】
   ジュエリーの項目にカフリンクスについての記述とデザインの図と写真が豊富だが、白黒である。
(2)『ボタン事典』p196-197 【100088281 /383.3/B】
   詳しい記述はあるが、デザインが分かるものではない。
(3)『メンズファッション大全』p457-458【100575422 /593.37/Y】
   デザインや種類がたくさんあることがわかる。カフリンクスは、宝石をあしらったものや、金属製のカフリンクスなどさまざまな素材で作られている。構造も根元がバネ仕掛けになって、棒の部分を折り曲げて留めるバネ式タイプや、スナップボタンのようにパチンと留め合わせるタイプのスナップ式、鎖で連結して留めるチェーン式があることがわかる。
(4)『Men's EX = メンズエクストラ』15巻5号通巻169号(2008年5月)【800813274】
   カフリンクスのブランドと歴史が簡単に紹介され、最新のデザインのカフリンクスが見られる。
(5)『Men's club』576号(2009年1月)【800878706】
   カフリンクスのデザインも見れ、カフリンクスのコーディネート術も掲載されている。

下記の資料は洋書であるが、カラー写真が豊富でデザインの参考になると思われる。
(6)『Cuff links』by Susan Jonas and Marilyn Nissenson 【100662564 /383.3/J】
(7)『200 years of American manufactured jewelry & accessories』Suzanne Marshall 【100350173 /383.3/M】
(8)『Cuff links』Bertrand Pizzin, Jean-Noël Liaut ; foreword by Karl Lagerfeld 【100434406 /383.3/P】

作り方は、下記の資料に掲載。
(9)『手づくりのジュエリー』p132-134 【000290241 /755.3/W】
   既成のとめ金を使用しての作り方と手作りのとめ金のデザインも掲載されている。
(10)『手づくりのアクセサリー』p159 【000175375 /755/T】
   既成の金具を使用して革のカフスボタンの作り方が掲載されている。
(11)『宝石デザイン教室 Ⅲ』p216-217 【000079628 /755.3/H/3】
   デザインと金具やとめ金の説明が掲載されている。
(12)『花結びのアクセサリー』p18,31 【100288059 /594.4/T】
   金属製の金具を使用したカフリンクスではなく、紐を使っての作り方が掲載されている。

インターネット上にカフリンクスやカフスボタンの専門店のホームページがあり、写真が豊富に掲載されている。
(13)『カフショップ』 http://www.cuffshop.com/
(14)『カフス(カフスボタン)専門店』 http://www.cuff.jp/


※【 】は自館の資料IDと請求記号
回答プロセス
(Answering process)
カフリンクスは一般的に男性のファッションと考え、メンズファッションの資料もあたった。(3)の資料『メンズファッション大全』を見ると、カフリンクスとは、「日本では一般的に「カフスボタン」と呼ばれるもの」、「飾りのためのアクセサリー」とあるので、ボタンの資料をあたる。ボタンの資料だけでは、カフスについて書いてあるものがあっても、図版が少ないため、アクセサリーということなので、アクセサリーやジュエリーの資料をあたった。
また、インターネットの検索エンジンから「カフリンクス」と検索し、(13)、(14)のカフリンクスの専門店のホームページがあり、カフリンクスについての記述と多くのカフリンクスの写真が見ることができた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
宝石.牙角.皮革工芸  (755 9版)
衣住食の習俗  (383 9版)
衣服.裁縫  (593 9版)
参考資料
(Reference materials)
『エスカイア版20世紀メンズ・ファッション百科事典』O.E.ショーフラー,ウィリアム・ゲイル著,高山能一訳 1981年
『手づくりのジュエリー』和田隆著 1972年
『宝石デザイン教室 Ⅲ』ヒコ・みづの,影山公章著 1982年
『手づくりのアクセサリー』主婦と生活社編 1977年
『花結びのアクセサリー』田中年子著 2002年
『ボタン事典』阿部和江編 1999年
『Cuff links』by Susan Jonas and Marilyn Nissenson 1991年
『200 years of American manufactured jewelry & accessories』Suzanne Marshall 2003年
『メンズファッション大全』吉村誠一著 2007年
『カフショップ』 http://www.cuffshop.com/ ((最終確認2009年9月16日))
『カフス(カフスボタン)専門店』 http://www.cuff.jp/ ((最終確認2009年9月16日))
『Men's EX = メンズエクストラ』15巻5号通巻169号(2008年5月)
『Men's club』576号(2009年1月)
キーワード
(Keywords)
カフリンクス
カフスボタン
ボタン
紳士服
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000060149解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ