このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000060019
提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
10-3B-200911-03
事例作成日
(Creation date)
2009/11/15登録日時
(Registration date)
2009年11月22日 02時11分更新日時
(Last update)
2010年12月13日 14時37分
質問
(Question)
「仏法を尊信して現世の報いを得た話」が読みたい。(大阪市西区)堀江に関わる話と聞いた。
回答
(Answer)
「日本霊異記」 に収録。
「仏法を尊信して現世の報いを得た話 第五」に、
「弓削の大連公は火をつけて寺を焼き、仏像を捜し出して難波の堀江に流した。」との記載あり。
弓削の大連公は、物部守屋のこと。

敏達14年(585年)、物部守屋は仏法の廃棄を奏請して許され、馬子の建てた寺と仏像を焼き、焼け残りの仏像を難波(なにわ)の堀江に投棄した。
(「日本大百科全書」物部守屋の項より)

「日本霊異記」(景戒/撰 原田 敏明/訳 高橋 貢/訳 平凡社,1978 東洋文庫 97)収録。
「日本霊異記」( [景戒/編] 原田 敏明/訳 高橋 貢/訳 平凡社,2000.1)にも収録を確認。

「日本古典文学大系 70 日本霊異記」 (岩波書店,1977) では「三宝を信敬し、現報を得る縁」、
「新日本古典文学大系 30 日本霊異記 出雲路 修/校注」(岩波書店,1996.12)では、
「三宝を信敬ひし、現報を得る縁」として収録。

東洋文庫「日本霊異記」は、大阪市立図書館多機能OMLIS<館内検索用端末>で
商用データベース「ジャパンナレッジ」から全文PDFで閲覧可能。
回答プロセス
(Answering process)
1.当館所蔵を検索

フリーワード“仏法を尊信して現世の報いを得た話”で検索、
「日本霊異記」( [景戒/編] ; 原田 敏明/訳 ; 高橋 貢/訳 平凡社,2000.1)に収録されていることがわかるが、貸出中。

タイトル「日本霊異記」で検索、東洋文庫、「日本古典文学大系 70 日本霊異記」 (岩波書店,1977)など
各種の発行が確認できるが、データからでは“仏法を尊信して現世の報いを得た話”の収録の有無は確認できない。

2.東洋文庫を収録している商用データベース「ジャパンナレッジ」を調査

東洋文庫個別モードで検索。

「さらに絞り込む」メニューで、目録順一覧・書名50音順一覧・著者名50音順一覧・刊行年代順一覧はすべてを対象に
対象は「ページを探す」として、全文を範囲に、検索語部分一致で “仏法を尊信して現世の報いを得た話”を検索。

「日本霊異記」P18 仏法を尊信して現世の報いを得た話 第五 が見つかる。

堀江との関連を調べるため、「さらに絞り込む」メニューで、
目録順一覧・書名50音順一覧・著者名50音順一覧・刊行年代順一覧はすべてを対象に
対象は「ページを探す」として、全文を範囲に、検索語部分一致で 検索語“堀江”と
書名を “日本霊異記”として、<かつ(AND)>検索。

「日本霊異記」P19 仏法を尊信して現世の報いを得た話 第五 に、
「弓削の大連公は火をつけて寺を焼き、仏像を捜し出して難波の堀江に流した。」との記載があるのがわかる。
PDFで前後の文面を確認したところ、弓削の大連公は、物部守屋のこと。

その他、知恵のある人が変化の聖人の悪口をいい、閻魔の庁に行って苦を受けた話 第七 (P87) 
行基大徳が子を連れた女に前世での敵を教えて、子を淵に投げさせた話 第三十(P134.135)にも
堀江に関する記載が確認できた。

3.商用データベース「ジャパンナレッジ」を再度調査

全文検索で、“堀江”ד守屋”で検索した結果3件のうち、下記の2件が関連。

1)物部守屋(日本大百科全書(ニッポニカ)|全文)
…仏像を難波(なにわ)の堀江に投棄した。同年、天皇の崩後...で、時人は、馬子が妄(みだ)りに妻の計により守屋を殺したと評した。 …

2)585年〈敏達14 乙巳〉(誰でも読める日本史年表|全文)
…残った仏像を難波の堀江に棄てる(紀)。9・5 磐余の池辺双槻宮に遷る(紀)。8・15 敏達天皇。 敏達8・15//9・5用明 蘇我馬子 物部守屋 真平王7 平原王27 威徳王32 至徳3 開皇5…

4.他の「日本霊異記」を確認。

「日本古典文学大系 70 日本霊異記」 (岩波書店,1977)
上巻第五説話の題は「三宝を信敬し、現報を得る縁」として収録。
「新日本古典文学大系 30 日本霊異記 出雲路 修/校注」(岩波書店,1996.12)では、
「三宝を信敬ひし、現報を得る縁」として収録。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
小説.物語  (913 9版)
参考資料
(Reference materials)
商用データベース「ジャパンナレッジ」「東洋文庫」
「日本霊異記」 景戒/撰 原田 敏明/訳 高橋 貢/訳 平凡社,1978 東洋文庫 97<当館書誌ID:0080044782>
「日本古典文学大系 70 日本霊異記」 岩波書店,1977 [景戒/撰著]<当館書誌ID:0070076470>
「新日本古典文学大系 30 日本霊異記 出雲路 修/校注」岩波書店,1996.12 ISBN 4-00-240030-1<当館書誌ID:0000598135>
キーワード
(Keywords)
大阪府大阪市西区
日本霊異記
堀江
物部守屋仏法を尊信して現世の報いを得た話
三宝を信敬し現報を得る縁
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
「日本霊異記」
雷をつかまえる男,「美女と白米と金をくれ」と観音に祈る男など,不思議な男女が登場するわが国初の仏教説話集の口語全訳。生命力と魅力にあふれ,『今昔物語集』などの先駆をなす。
(商用データベースジャパンナレッジ 東洋文庫「日本霊異記」の解説より)

物部守屋(もののべのもりや)[?―587]
敏達(びだつ)・用明(ようめい)朝の大連(おおむらじ)。母姓により弓削(ゆげ)守屋ともいった。
敏達天皇元年(572)欽明(きんめい)朝に引き続いて大連となり、大臣(おおおみ)蘇我馬子(そがのうまこ)と対立した。
守屋は馬子と雌雄を決することとなったが、皇族・豪族の大半を味方にした馬子に河内渋河(かわちしぶかわ)(大阪府八尾(やお)市)の本拠を攻められ、ついに射殺された。
(「日本大百科全書」物部守屋の項より抜粋)

難波の堀江(なにわのほりえ)
欽明天皇一三年一〇月に百済の聖明王がわが朝廷に献じた仏像を、崇仏廃仏論争のすえ物部尾輿らの奏によって「難波の堀江に流棄」(日本書紀)したという説話などで有名である。いまも西区に北堀江(きたほりえ)・南堀江の町名があるが、それによって古代の堀江の所在を推すわけにはいかない。
(「日本歴史地名大系 28-[1] 大阪府の地名 1」難波の堀江より)

大阪市立図書館では、2010年12月現在、商用データベース「Japan Knowledge(ジャパンナレッジ)」(事典・辞書等)で『日本歴史地名大系』の検索・閲覧が可能です。
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000060019解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!