このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000059477
提供館
(Library)
一般社団法人全国銀行協会銀行図書館 (4210005)管理番号
(Control number)
2009-41
事例作成日
(Creation date)
2009年11月登録日時
(Registration date)
2009年11月13日 17時11分更新日時
(Last update)
2009年11月13日 17時11分
質問
(Question)
昔は女性の名前では銀行口座を開設できなかった、という話を聞いたことがあるのだが、それは事実なのか。また、それがもし事実だとしたら、いつごろから女性名で口座が開設できるようになったのか。
回答
(Answer)
当館の資料では、女性名での口座開設ができなかった、という事実は確認できなかったが、参考までに調査過程で判明した以下のことを伝えた。

民法第14条(明治29年公布、明治31年施行)のもとでは、妻は「無能力者」としての扱いであり、預金取引の際には夫の同意か許可が必要とされた。預金事務に関する解説図書のなかに、許可証の書式が掲載されている。(参考文献①~③)

昭和22年の新憲法施行の際に、この民法第14条は全面的に削除されている。このことから、以降はこうした許可(証)は不要になったのではないかと推測される。(参考文献④⑤)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
金融.銀行.信託  (338)
参考資料
(Reference materials)
①「預金事務の法律的注意事項」(文雅堂、昭和12)
②「銀行實務講座 第2巻 銀行貸付」(非凡閣、昭和11)
③「最新 預金事務の手続と書式」(大阪銀行集会所、昭和16)
④「判例コンメンタール3 民法Ⅰ(総則・物権)」(三省堂、昭和52)
⑤「注釈民法 第1巻 総則(1)」(有斐閣、昭和39)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000059477解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!