このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000059420
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2009-046
事例作成日
(Creation date)
2009/07/01登録日時
(Registration date)
2009年11月11日 02時12分更新日時
(Last update)
2009年12月02日 11時21分
質問
(Question)
ヌーヴェル・ヴァーグ期以後のフランス映画で有名なものをいくつか教えてほしい。
回答
(Answer)
「ヌーヴェル・ヴァーグ」の項目がある事典類を参照し、関連する図書資料を紹介した。

事典類
『世界映画大事典』(岩本憲児 日本図書センター 2008)
p641-〈ヌーヴェル・ヴァーグ〉の項目にあった映画作品名・監督名・発表年は以下のとおり。
「死刑台のエレベーター」(ルイ・マル 1958)
「大人は判ってくれない」(フランソワ・トリュフォー 1959)
「勝手にしやがれ」(ジャン=リュック・ゴダール 1960) 
『新映画事典』(浅沼圭司 美術出版社 1980)
p318-〈ヌーヴェル・ヴァーグ〉の項目で、上記作品の他、
「いとこ同志」(シャブロル 1958)
があり。

一般資料
『山田宏一のフランス映画誌』(山田宏一 ワイズ出版 1999)
『フランス映画史の誘惑』(中条省平 集英社 2003)
『ヌーヴェル・ヴァーグの映画体系 1~3』(飯島正 冬樹社 1980)
『ヌーベルバーグ以後 自由をめざす映画』(佐藤忠男 中央公論社 1980)
『ヌーヴェルヴァーグの現在』(カイエ・デュ・シネマ・ジャポン編集委員会 勁草書房 1996)
『ヌーヴェルヴァーグ40年』(カイエ・デュ・シネマ・ジャポン編集委員会 勁草書房 1999)
『カルチエ・ラタンの夢フランス映画七十年代』(中川洋吉 ワイズ出版 1998)
回答プロセス
(Answering process)
回答の『新映画事典』には「一概に〈ヌーヴェル・ヴァーグ〉といっても、そこにはさまざまな作家と作品、映画に対するイメージの違いがある。」とあるように、1950年代末に始まった〈ヌーヴェル・ヴァーグ〉の潮流だけでも経年的な画期や変化があり、フランス映画の作品も多様である。
その他の所蔵資料をあげて、〈ヌーヴェル・ヴァーグ〉に限定した作品なのか、あるいはフランス映画の全体的な流れの中での著名な作品なのか、資料を見て判断してもらうよう、回答欄の書誌を紹介する。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
映画  (778 9版)
参考資料
(Reference materials)
『世界映画大事典』(岩本憲児 日本図書センター 2008)
『新映画事典』(浅沼圭司 美術出版社 1980)
キーワード
(Keywords)
映画-フランス
ヌーヴェル・ヴァーグ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000059420解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!