このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000059282
提供館
(Library)
山口県立山口図書館 (2110020)管理番号
(Control number)
0000103185
事例作成日
(Creation date)
2007年01月31日登録日時
(Registration date)
2009年11月06日 16時40分更新日時
(Last update)
2009年11月06日 16時56分
質問
(Question)
大内氏の時代に山口でお茶を栽培をしていた記録があるか。
回答
(Answer)
参考資料1、2に、山口県における茶の栽培の起源として、鹿野の漢陽寺古記に「永和元年(1375年)、開祖、用堂禅師がはじめて鹿野町で茶樹を栽培し、康暦元年(1379年)に至り大いに繁茂した」とあることが記述されている。
また、「『大内盛衰記』にも、茶湯、茶器、茶坊主などの茶に関わる記述が随所にあり、県内において茶が古くから普及していたことが想像される」ともある。
資料3には、漢陽寺の用堂禅師が茶園を拓いた後、次第に盛んになり明治初年に至り頗る盛大を極めたとある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
工芸作物  (617)
農産物製造.加工  (619)
参考資料
(Reference materials)
1 山口県産茶の振興にむけて 山口県商工会連合会 1987 Y619/L 7/ p6,7
2 山口県の茶業 山口県茶業振興協議会 山口県経済農業協同組合連合会 1958 Y619/I 8/ p3
3 都濃郡誌 マツノ書店 1986  Y241/L 6/ p329,331
4 大内盛衰記 大内盛衰記刊行会 1978 Y214/K 8/
キーワード
(Keywords)
大内氏
山口県
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000059282解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!