このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000058637
提供館
(Library)
国立教育政策研究所教育図書館 (4110014)管理番号
(Control number)
NIER2009069
事例作成日
(Creation date)
2009年10月09日登録日時
(Registration date)
2009年10月09日 17時04分更新日時
(Last update)
2009年10月29日 14時12分
質問
(Question)
戦時中の教員に関して、
①召集の免除または猶予の制度が存在したのか知りたい。
②復員後の教員の扱いの規定について知りたい。
③戦中から戦後にかけて、教員の心の葛藤について書かれた手記があれば読みたい。
回答
(Answer)
①『東京教員生活史研究』p.196に教員の徴兵免除に関する記述あり。
 「官立府県立師範学校の卒業証書を所持したる者は、六週間の陸軍現役に服する」ことでその後一切の軍務に服することを要しないとされていた。

②『戦後日本教育史料集成』第1巻 p.35に、「教員及教育関係官ノ調査、除外、認可ニ関スル件」(昭和20年10月30日連合国軍最高司令部ヨリ日本帝国政府ニ対スル覚書)の記載あり。

③以下の資料を紹介。
1) 謎の兵隊 : 天皇制下の教師と兵役 / 藤野幸平著.
2) あゝ国民学校 : 敗戦・ある代用教員の記録 / 永井健児著.
3) 教師の戦争体験の記録 / 岩手県一関国民教育研究会編.
回答プロセス
(Answering process)
①Webcat Puls の一致検索で、キーワードに「教員」「召集」を入れて検索。
 当館OPACで所蔵を確認し、紹介した。

②参考図書の『終戦教育事務処理提要』を見たところ、第3巻 p.74に「復員軍人教職に採用の件」の記載があり、その中に上記「教員及教育関係官ノ調査、除外、認可ニ関スル件」の第1項を参照する旨の記述があった。
 そこで参考図書の『戦後日本教育史料集成』の目次を調査したところ、該当箇所を発見した。

③当館OPACでキーワードに「教員」「戦争」「兵役」等を入れて検索した。
 
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
学校経営.管理.学校保健  (374 9版)
教育史.事情  (372 9版)
参考資料
(Reference materials)
東京教員生活史研究 / 門脇厚司著. 学文社, 2004.【請求記号】374.3||108
敗戦と教育の民主化. 三一書房, 1982. -- (戦後日本教育史料集成 / 戦後日本教育史料集成編集委員会編 ; 第1巻).【配置】参考図書 【請求記号】372.108||3||1a
終戦教育事務処理提要 / 文部省大臣官房文書課編. 第1輯 昭和20年11月 - 第4輯 昭和25年3月. -- 文泉堂出版, 1980.【配置】参考図書 【請求記号】373.2||7A||1
謎の兵隊 : 天皇制下の教師と兵役 / 藤野幸平著. 総和社, 1994.【請求記号】372.1||480
あゝ国民学校 : 敗戦・ある代用教員の記録 / 永井健児著. 朝日新聞社, 1972.【請求記号】376.2||17
教師の戦争体験の記録 / 岩手県一関国民教育研究会編. 労働旬報社, 1969.【請求記号】374.3||233
キーワード
(Keywords)
徴兵制
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000058637解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!