このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000058309
提供館
(Library)
北九州市立中央図書館 (2210015)管理番号
(Control number)
北九-2006-92
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2009年09月25日 16時46分更新日時
(Last update)
2016年09月09日 13時01分
質問
(Question)
日本で最後の仇討ちをした人物は誰ですか?この事件をテーマにした小説はありますか?
回答
(Answer)
 臼井六郎という旧秋月藩士です。『明治・大正・昭和・平成事件・犯罪大事典』に記されています。
 事件は明治13年(1880)年12月17日、現在の東京中野区で発生しました。11歳の時に父母を惨殺された臼井六郎は、父母の仇として東京上等裁判官判事補一瀬直久を東京・京橋の黒田長徳邸内で刺殺。臼井六郎はすぐに自首し、終身禁獄に処されました。仇討ちは、明治6(1873)年に出された禁止令により厳禁となりました。この事件は、禁止令の7年後に起きた、日本における最後の仇討ちとされています。
 この事件をテーマにした小説は「最後の仇討」の題で吉村昭と檀一雄が書き、長谷川伸は「九州と東京の首」を書いています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『明治・大正・昭和・平成事件・犯罪大事典』 吉村昭著 新潮社 2001年<K936/ヨ>
『敵討』 吉村昭著 新潮社 2001年<K936/ヨ>(最後の仇討)
「最後の仇討」 檀一雄著 同光社 1956年<F/ダ>(117~214頁)
『日本敵討ち異相』 長谷川伸著 中央公論社 1974年<F/ハ>(第13話九州と東京の首)
キーワード
(Keywords)
最後の仇討
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000058309解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!