このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000057985
提供館
(Library)
北九州市立中央図書館 (2210015)管理番号
(Control number)
北九ー2006-75
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2009年09月15日 17時06分更新日時
(Last update)
2012年12月26日 16時17分
質問
(Question)
「鉄道唱歌」の中に
北九州がどのように歌われているのか
しりたいのですが。
回答
(Answer)
「門司よりおこる九州の 鉄道路線をはるばると ゆけば大里の里すぎて ここぞ小倉と人はよぶ」と大和田建樹が『鉄道唱歌』第2集で歌ったのは明治33年でした。「小倉に又も立ちもどり ゆけば折尾の右左 若松線と直方の 道はここにて出あひたり」と当時の様子を歌っています。
 明治42年に同じ作詞者で九州線唱歌が作られ次のように変わりました。
 「小倉に帰りて又ゆけば 煤煙おほう若松の 港はあれよ洞の海 隔てて向ふ戸畑駅」
 この明治の鉄道唱歌に匹敵する「新鉄道唱歌」の歌詞、作曲募集が昭和3年に行われました。その第3集 九州線では次のように歌われています。
 「潮渦巻く大瀬戸の 眺めも暗き朝まだき 関門海峡あとにして 出で立つ門司の停車場」
 あなたも歌ってみませんか。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『九州の鐵道の歩み』 日本国有鉄道九州総局編発行 1972年 〈K686/ニ〉(172~173頁)
『歌でつづる鉄道百年』 高取式編 鉄道図書刊行会 1968年 〈767.6/タ〉(48~50頁,178~179頁)
『鉄道百年・文学と随筆選集 汽笛一声』 渡辺公平ほか編 実業之日本社 1972年 〈918/ワ〉(482~498頁)
『鉄道唱歌』 (増訂版) 岡本仁編 野ばら社 2000年 〈767.7オ〉(門司・学研)
キーワード
(Keywords)
鉄道唱歌
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000057985解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!