このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000057881
提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
中央-1-00019
事例作成日
(Creation date)
2009/03/24登録日時
(Registration date)
2009年09月11日 02時11分更新日時
(Last update)
2009年09月11日 02時11分
質問
(Question)
2次以上の方程式をExcelを使って解く方法を知りたい。
回答
(Answer)
エクセルに関する本を何冊か調べてみると、「ゴールシーク」や「ソルバー」という機能を使って方程式を解く方法があることがわかった。

【資料1】p.240~243にゴールシークという機能を使う方法、【資料2】p.343~345にゴールシークについての説明、【資料3】p.7~10とp.11~40に2次方程式の解を求めるプログラム、解を求める公式が存在しない5次以上の代数方程式や代数方程式でない式の解の求め方、反復法、2分法、ニュートン法、ベアストウ方を使ったプログラムが記載されている。
【資料4】p.85~101には、エクセルのVBAプログラムとゴールシーク、ソルバーを使って方程式を解く方法、はさみうち法、2分割法、単純代入法、ニュートン法それぞれの説明、p.103~114はVBAプログラムとゴールシーク、ソルバーを使った連立非線形方程式の解き方が記載されている。【資料5】p.83~90は、2分法を使って方程式の解を求めるVisual Basicでのプログラムが紹介されている。

なお、以下の2つのホームページにもエクセルを使った方程式の解き方が出ていたので、紹介した。
「東京理科大学 大江修三教授のホームページ Excelによる科学技術計算入門」
http://s-ohe.com/Excel/excel_nyumon.htm  (最終確認日 2009年8月31日)
「鹿児島大学理学部 統計科学のための総合webサイト
 (補遺)ゴールシークとソルバー 芳賀敏郎」
http://stat.sci.kagoshima-u.ac.jp/~cse/work/2004/haga/ex_solv/GS.PDF  (最終確認日 2009年8月31日)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
数学  (410 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『Excelで学ぶ多変量解析入門 第2版』 管民郎/著 オーム社 2007
【資料2】『かんたん図解Excel計算と集計のテクニック』 飯島弘文/著 技術評論社 2003
【資料3】『エクセル数値計算入門』 河村哲也、菅牧子/著 インデックス出版 2003
【資料4】『技術者のための数値計算入門』 相良紘/著 日刊工業新聞社 2007
【資料5】『Excel環境におけるVisual Basicプログラミング』 加藤潔/著 共立出版 2001
キーワード
(Keywords)
Excel
高次方程式
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000057881解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!