このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000057877
提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
中央-1-00016
事例作成日
(Creation date)
2008/04/15登録日時
(Registration date)
2009年09月11日 02時10分更新日時
(Last update)
2009年09月17日 09時38分
質問
(Question)
松尾芭蕉は旅をした時どんな持ち物を持っていたか。また、若い弟子を連れた場合、その弟子にどんな荷物を持たせたか知りたい。
回答
(Answer)
【資料1】p.35~より、「紙子(紙で作った衣料)、ゆかた、雨具、墨、筆、懐紙、薬、弁当箱、合羽など持ち歩いていたようであり、芭蕉と同行していた曾良の荷物にはもっと入っていたはずである。ほかには、替えの下帯(ふんどし)、季節に合わせた衣類、剃刀、手拭い、大きな金入れと小銭入れなどは、旅行者の常識であった」と書かれている。また、曾良の俳諧書留には「皮たびの裏新しく踏みずめり」という句が書きとめられていることから、雨に備えて皮足袋も用意していたかもしれない、とのこと。この資料には、許六が描いた「芭蕉行脚図」が載っており、芭蕉と曾良の旅姿を絵で見ることができる。
インターネットのホームページでは【資料3】を見つけたので、これも紹介した。
なお、このホームページにも書かれているが、【資料2】には、江戸時代の旅行の所持品などについて書かれていたので、これも紹介した。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日記.書簡.紀行  (915 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『芭蕉はどんな旅をしたのか』 金森敦子/著 晶文社 2000
【資料2】『旅行用心集』 八隅蘆菴/著 八坂書房 2001
【資料3】URL  http://www.bashouan.com/peTabi.htm (最終確認日2009年8月28日)
キーワード
(Keywords)
松尾芭蕉
江戸の長旅
旅姿
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000057877解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!