このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000057816
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
OSPR09050045
事例作成日
(Creation date)
2009/05/19登録日時
(Registration date)
2009年09月10日 02時11分更新日時
(Last update)
2009年09月11日 18時04分
質問
(Question)
ドイツのノーベル賞物理学者マックス・プランクが言った下記の言葉はどの文献に載っているのか。
「全ては振動であり、その影響である。現実に何の物質も存在しない。全ての物は、振動で構成されている」

以下の資料は調査済です。
「世界科学者事典」原書房
「岩波科学百科」岩波書店
「物理学辞典」培風館
「物理学大辞典」朝倉書房
「ノーベル賞名鑑」名鑑社
「マックス・プランクの生涯」ジョン・L・ハイルブロン著 法政大学出版局
「プランクの生涯」ヘルマン著 東京図書刊
「物理学的世界像の統一」プランク著(「世界の名著66巻」中央公論社)
「振動工学概論」明石一著 共立出版
「振動とはなにか」リチャード・ビショップ著 講談社ブルーバックス
回答
(Answer)
 Googleで「プランク」「振動から構成」といったキーワードで検索したところ、「バイオレゾナンス・メソッド」を紹介するWebサイトにいくつかたどり着きます。
 次に「プランク」「バイオレゾナンス」をキーワードに検索してヒットするWebサイトでは、お尋ねの言葉(少し言い方を変えたものもある)の他に、「すべての物質は固有の振動数(周波数)を持つ(で振動している)」という言葉も紹介されていました。
http://agilitydog.seesaa.net/article/106012037.html
http://www.healing-space.jp/detail.php?cat=m&num=12&max=12

 そこで、上記の言葉もあわせて調査しましたが、いずれも記載のある文献を見つけることができませんでした。

 プランクに関する文献は「参考資料」をご参照ください。
 このうち、「振動」について多く書かれている波動力学、振動数に関係するおおよその箇所は次のとおりです。
『現代物理学の思想 上』p.24、154、178
『現代物理学の思想 下』p.48
『理論物理学汎論 第2巻 変形する物体の力学』p.89-
『理論物理学汎論 第4巻 理論工学』p.44、240
『理論物理学汎論 第5巻 理論熱学』p.208-
『熱輻射論と量子論の起原』p.48-、172-

 また、科学者の人名事典、振動療法、名言・格言の観点から次の資料も調査しました。
『科学人名辞典(アテネ文庫 147』(田中松平/編 弘文堂 1951)
『科学者人名事典』(丸善 1997.3)
『振動音響療法:音楽療法への医用工学的アプローチ』(トニー・ウィグラム/編著 人間と歴史社 2003.3)
『波動こそが病気を治す:ガンを防ぐ、免疫力を高める(PHP business library)』(萩原弘道/著 PHP研究所 1996.1)
『世界名言・格言辞典』(モーリス・マルー/編 東京堂出版 2005.5)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
物理学  (420 8版)
参考資料
(Reference materials)
『教科書にでてくる物理学者小伝:ギリシア自然哲学者から20世紀物理学者まで』 (並木雅俊/著 シュプリンガー・ジャパン 2007.10)(ページ:143-145)
『プランク(Century books) 』(高田誠二/著 清水書院 1991.12)
『20世紀の物理学 Volume 1』(Laurie M Brown/[原編] 丸善 1999.3)(ページ:72-77)
『現代物理学の思想:講演と回想 上・下』(マクス・プランク/[著] 法律文化社 1971)
『理論物理学汎論 第1~4巻』(プランク/著 裳華房 1931.6 )
『理論物理学汎論 第5巻』(プランク/著 裳華房 1932)
『熱力学 』(プランク/[著] 岩波書店 1941)
『科学は何処へ』(マクス・プランク/著 白帝書房 1933)
『物理学と世界観 』(マクス・プランク/著 育生社 1946)
『熱輻射論と量子論の起原:ウィーン,プランク論文集(科学古典叢書 1) 』(ウィーン/[著] 大日本出版 1943)
Wikiquote「Max Planck」(2009/5/26現在) (ホームページ: http://en.wikiquote.org/wiki/Max_Planck )
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌事項調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000057816解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!