このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000057762
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2009-028
事例作成日
(Creation date)
2009/06/17登録日時
(Registration date)
2009年09月09日 02時12分更新日時
(Last update)
2009年10月09日 10時43分
質問
(Question)
「社会物理学」とはどのような学問か。また、社会物理学に関する本にはどのような本があるか。
回答
(Answer)
社会物理学はベルギーの統計学者ケトレー(1796-1874)が提唱した学問分野で、その著作は翻訳されている。以下、参考となる資料を紹介する。
『人間に就いて 上』(ケトレー 岩波書店 1948 県立図では下巻は欠本)

『知の統計学 2』(福井幸男 共立出版 1997)は統計学に寄与した内外の人物を扱った内容。
p33-54が、「第4章 19世紀、社会物理学を提唱したケトレー」にあたる。章末に参考文献あり。

『統計と統計理論の社会的形成 統計と社会経済分析1』(長屋政勝 北海道大学図書刊行会 1999)
p29-60が「第2章 ケトレーにおける「統計学」と「社会物理学」の構想」にあたる。特にp37では、
「社会物理学の研究対象を「平均人の肉体的、知的、道徳的性質の発達の研究」と理解してよいであろう。」との記述があり。
回答プロセス
(Answering process)
《Wikipedia》の〈ケトレー〉の項では、『人間に就いて』の原題は、「人間とその諸能力の発達に就いて 若くは社会物理学論」とあり。
その他、記述のあった資料に以下の雑誌記事があり。
前田康博「政治状態の概念-社会物理学のために-」(『思想 1970年3月号 No.549』p1-16)
本稿の第4節が、「社会物理学のために-社会再生産の媒室と写像-」となっている。「社会物理学は社会の構造にかかわる。そして、ヒト社会にとって、その構造にかかわることは、ある「不確定」な「状態」との相互媒介において、これをみることである」との言及あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
情報源:読売新聞の「本の広告」の中に「社会物理学」という言葉があった。
NDC
統計  (350 9版)
参考資料
(Reference materials)
『人間に就いて 上』(ケトレー 岩波書店 1948)
『知の統計学 2』(福井幸男 共立出版 1997)
『統計と統計理論の社会的形成 統計と社会経済分析1』(長屋政勝 北海道大学図書刊行会 1999)
キーワード
(Keywords)
社会物理学
Quetelet Lambert Adolphe Jacques(ケトレー ランベール・アドルフ・ジャック)
統計学-歴史
人物-ベルギー
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000057762解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決