このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000057748
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2009-026
事例作成日
(Creation date)
2009/05/21登録日時
(Registration date)
2009年09月09日 02時12分更新日時
(Last update)
2009年09月19日 08時41分
質問
(Question)
『読売新聞 2009.5.19 17面』に掲載の記事で、俳人の森澄雄氏が「俳諧は三尺の童にさせよ」(俳諧は正直に素直に作れということ)という芭蕉の言葉を紹介している。この言葉の出典を知りたい。
回答
(Answer)
服部土芳(どほう)の「三冊子(さんぞうし)」のうち、「赤冊子」にある芭蕉の言葉が出典とわかる。
「三冊子」とは「白冊子」「赤冊子」「忘水」の三部からなる俳諧論書で、「三冊子」は後世につけられた総称。元禄15年(1702)に成立している。「赤冊子」では冒頭に芭蕉の俳諧の神髄とその修錬の態度・方法とを論理的に詳述し、続いて芭蕉の作品に具体的な説明を加えている。
回答プロセス
(Answering process)
〈松尾 芭蕉〉〈俳諧〉をキーワードに所蔵資料を調査した。
「俳諧は三尺の童にさせよ」の出典について記述のあった資料
『総合芭蕉事典』(雄山閣出版 1982)
p526 芭蕉語録に 「俳諧は三尺の童にさせよ」 出典「三冊子」(赤雙子)とあり。
『芭蕉語彙』(青土社 1984)
p1043「俳諧は三尺の童にさせよ初心の句こそたのもしけれ(三冊子)」とあり。
p145 「俳諧は三尺の童にさせよ」(三冊子)とあり。

「三冊子」について参考にした資料
『日本古典文学大辞典 3』p124
『俳諧大辞典』p269-270
『三冊子評釈』(名著刊行会 1970)p105-109
『三冊子総釈』(風間書房 1964)p118-119
『新編日本古典文学全集 88 連歌論集・能楽論集・俳論集』(小学館 2001)p579-580
『日本の古典 18 松尾芭蕉』(河出書房新社 1972)p256

その他の調査済み資料
『芭蕉辞典』『総合芭蕉事典』『芭蕉語彙考』
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
詩歌  (911 9版)
参考資料
(Reference materials)
『総合芭蕉事典』(雄山閣出版 1982)
『芭蕉語彙』(青土社 1984)
『日本古典文学大辞典 3』(岩波書店 1984
『俳諧大辞典』(明治書院 1957)
『三冊子評釈』(名著刊行会 1970)
『三冊子総釈』(風間書房 1964)
『新編日本古典文学全集 88 連歌論集・能楽論集・俳論集』(小学館 2001)
『日本の古典 18 松尾芭蕉』(河出書房新社 1972)
キーワード
(Keywords)
松尾 芭蕉(マツオ バショウ)
俳諧
服部 土芳(ハットリ ドホウ)
三冊子(サンゾウシ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000057748解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決