このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000057740
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2009-018
事例作成日
(Creation date)
2009/05/12登録日時
(Registration date)
2009年09月09日 02時11分更新日時
(Last update)
2009年09月17日 09時13分
質問
(Question)
『熊谷人物事典』(日下部朝一郎 1982)p165 に出てくる斉藤健二郎について、他に記述がある資料を探している。
回答
(Answer)
記述が見られた以下の資料を紹介する。
*「健二郎」を「健次郎」と表記している資料もあるが、同一人物と考えられる。
『日本近現代人名辞典』(臼井勝美 吉川弘文館 2001)
p1077〈モンブラン〉の項に、「文久元年(一八六一)に一旅行者として来日し、数ヶ月の滞在ののち、雇人斉藤健次郎を伴って帰国した。」とあり。
『明治の若き群像森有礼旧蔵アルバム』(平凡社 2006)
p31に〈斉藤健次郎〉の写真あり。「モンブラン伯爵が文久元年に来日した際、横浜で従僕として雇われて渡仏。」とあり。
p32に〈斉藤健次郎〉に関するエピソードあり。
p273 巻末索引に〈斉藤健次郎〉の項あり。「変名 白川、ジェラール・ケン」「生没年不詳」とあり。

『若き森有礼 東と西の狭間で』(犬塚孝明 KTS鹿児島テレビ 1983)
p58-60斉藤健次郎についての記述と肖像あり。森有礼が斉藤健次郎について触れた書簡の抜粋あり。

『新修森有禮全集 3』(文泉堂書店 1998)
p46上記書簡(森有礼が斉藤健次郎に触れた)の全文あり。

『新修森有禮全集 4』(文泉堂書店 1999)
p3-「『薩摩海軍史』(中巻)抄」より、
p11-12「白川は當時斉藤と稱へしか、前年「モンブラン」か日本に来り横濱に滞在せし際に従僕に雇ひ連れ行きし者にて、別に志望ありし人物にあらす、薩人側にて幕府に通せしやの嫌疑を受けしも、或いは同人を買い被りしにあらんかと語られぬ」と斉藤健二郎に関する記述あり。

『維新前夜 スフィンクスと34人のサムライ』(鈴木明 小学館 1988)
p215-「第八章巴黎斯サイトー・ケンの登場」の章あり。

『そこに日本人がいた! 海を渡ったご先祖様たち』(熊田忠雄 新潮社 2007)
p163-「フランス/パリ(その一)幕末のパリに現れた日本人青年「ケン」」の章あり。
 
雑誌『日本歴史 第255号』(吉川弘文館 1969.8)
p120「モンブラン伯」の章に記述あり。
回答プロセス
(Answering process)
『熊谷人物事典』(日下部朝一郎 1982)から確認する。
p165「外人秘書。江戸末期文久元年頃の人。別名ジェラルド健。熊谷宿の医家斉藤某の二男に生まれ、フランス人モンブラン伯爵の秘書をつとめたが、のち鹿児島で殺害された。」とあり。

〈斉藤 健二郎〉〈ジェラルド 健〉をキーワードに『埼玉新聞記事検索』『埼玉雑索』ほか埼玉資料、《Google》等で探索するが該当する人物はなし。

《Google》で〈モンブラン伯爵〉をキーワードに検索、《Wikipedia》〈シャルル・ド・モンブラン〉の項に「1862年(文久2年)、再び日本を訪れたモンブランは横浜に滞在し、公使のデュシェーヌ・ド・ベルクールと交流する。帰国に際し私設秘書として斎藤健次郎を伴い、日本語や日本文化の研究に勤しんだ。」という記述あり。
このページで紹介されていた参考文献や〈モンブラン伯爵〉を手がかりに所蔵資料を調査し、斉藤健二郎について記述のあった資料を紹介した。

その他の調査済み資料は以下のとおり。
『海を越えた日本人名事典』(富田仁 日外アソシエーツ 2005)
『モンブランの日本見聞記 フランス人の幕末明治観』(C.モンブラン 新人物往来社 1987)
『幕末遣外使節物語 夷狄の国へ』(尾佐竹猛〔著〕 講談社 1989)
『薩摩と西欧文明 ザビエルそして洋学、留学生』(鹿児島純心女子大学 2000)
『幕末外交史の研究』(大塚武松 宝文館出版 1967)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (281 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本近現代人名辞典』(臼井勝美 吉川弘文館 2001)
『明治の若き群像 森有礼旧蔵アルバム』(平凡社 2006)
『若き森有礼 東と西の狭間で』(犬塚孝明 KTS鹿児島テレビ 1983)
『新修森有禮全集 3』(文泉堂書店 1998)
『新修森有禮全集 4』(文泉堂書店 1999)
『維新前夜 スフィンクスと34人のサムライ』(鈴木明 小学館 1988)
『そこに日本人がいた! 海を渡ったご先祖様たち』(熊田忠雄 新潮社 2007)
『日本歴史 255号』(吉川弘文館 1969)
キーワード
(Keywords)
斎藤 健二郎(サイトウ ケンジロウ)
伝記
埼玉県-熊谷市
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000057740解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!