このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000057543
提供館
(Library)
神奈川大学図書館 (3310064)管理番号
(Control number)
09-020
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2009年08月31日 14時24分更新日時
(Last update)
2012年12月19日 16時19分
質問
(Question)
United States Reportsの所蔵の有無について。また、該当資料がない場合、代替資料はあるか。
回答
(Answer)
United States Reportsの図書館での所蔵は、1-108巻(1790-1882年)。
それ以降を利用する場合は、Supreme Court Reporterがある。1-126巻(1882-2005年)を所蔵。
その他、参考資料参照。
回答プロセス
(Answering process)
【調査戦略】
United States Reportsといえば合衆国最高裁判所の公式判例集であるが、それに代わるものとなると、
いわゆる非公式判例集ということになるだろう。
東京大学外国法令判例資料室のサイトや、まずは、北村一郎編『アクセスガイド外国法』などで確認してみる。

【調査プロセス】
①東京大学 外国法令判例資料室のサイトを見ると以下のような説明がなされている。
( URL: http://www.j.u-tokyo.ac.jp/lib/gaise/how-to2.html )

 「連邦最高裁判所判例集」
   連邦最高裁判所の判例集としては、United States Supreme Court Reports〔U.S.〕(1759+)およ
 びSupreme Court Reporter〔S.Ct.〕(1882+)※が最もよく利用される。U.S.は1818年以降公式判
 例集となっているが、民間版のS.Ct.との違いは、S.Ct.には判決本文の他に若干のサービスが付いている
 という点だけであり、判決本文の内容に差異はない(当センターでは、U.S.の193号以降(1903年)から、
 刊行の早いS.Ct.切り替えられている)。U.S.の引用しか分からない場合には、S.Ct.の背表紙でU.S.リポ
 ーツの何巻から何巻までに当たるということを確認した上で、各巻の最初の対照表で頁を特定することがで
 きるようになっている。なお、最高裁の判決で最も早く到着する資料は、U.S. Law Week〔USLW〕(1964
 +)※というルーズリーフ式のものである。

②北村一郎編『アクセスガイド外国法』東京大学出版会 , 2004.6
30頁以降で非公式判例集が挙げられている。
 
 ・Supreme Court Reporter [S.Ct.](National Repoter System. 1882年開廷期の106U.S.以降
  の判例を登載)
 ・United States Supreme Court Reports,Lawer's Edition[L.Ed.およびL.Ed.2d](1901年から
  刊行されたが、それまでの最高裁判例も遡及して登載。A.L.Rと連動し、重要事件については上告趣意書
  要旨と判例解説もついている)
 ・BNAルーズリーフ・サービス
  United States Law Week[U.S.L.W](1931年から)は、紙媒体としては最速で合衆国最高裁の判決
  を読むことができる。
 ・更に早く判決文を読むことができるインターネット・サイトとしては
  Supreme Court of the United States    ( http://www.supremecourtus.gov/
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
アメリカ法の調べ方+インターネット上のLegalResearch ( http://www.law.tohoku.ac.jp/~serizawa/internetkogi.html#SHIRA )
東京大学法学部研究室図書室外国法令判例資料室 ( http://www.j.u-tokyo.ac.jp/lib/gaise/index.html )
American Law Sources On-line ( http://www.lawsource.com/also/ )
京都大学大学院法学研究科附属 国際法政文献資料センター ( http://ilpdc.law.kyoto-u.ac.jp/ )
『アクセスガイド外国法』 (北村一郎編 , 東京大学出版会 , 2004.6)
成田博『成城法学』「米国における判例集の誕生」  ( http://www.seijo-law.jp//pdf_slr/SLR-077-114.pdf )
Supreme Court of the United States ( http://www.supremecourtus.gov/ )
キーワード
(Keywords)
アメリカ法
外国法
American Law
国際法
United States Reports
判例集
合衆国最高裁判所
Supreme Court
連邦最高裁判所
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
教員
登録番号
(Registration number)
1000057543解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!