このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000056451
提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
10-5E-200905-01
事例作成日
(Creation date)
2008/04/28登録日時
(Registration date)
2009年07月16日 02時10分更新日時
(Last update)
2009年07月24日 12時57分
質問
(Question)
江戸時代の大阪で、付け火などで火災をおこした罪人を処罰・取締りしていた機関はどこか知りたい。
回答
(Answer)
「大坂町奉行所の役掛」の「盗賊役」の項に「殺人・火附・盗賊・博突等すべての刑事事件を担当した」とあり。
(『大坂町奉行と刑罰』(清文堂出版,1990) p.62より)
回答プロセス
(Answering process)
1.フリーワード“大坂”ד刑罰”で自館検索。

『大坂町奉行と刑罰』 (清文堂出版,1990) 
「大坂町奉行所の役掛」として、p.62の「盗賊役」の項に「殺人・火附・盗賊・博突等すべての刑事事件を担当した」とあり。
『大阪商業史資料 第14巻 』 (大阪商工会議所,1964)  ざっと見る限り、有用か判断できず。

2.大阪府立中之島図書館 おおさかページ 大阪文献データベース( http://refdb.library.pref.osaka.jp/cdb0100.asp  2009.5.13確認)
“消防”、“火災”をキーワードに検索するが、めぼしいものはなし。

3.当館所蔵関連資料調査
『新修大阪市史 第10巻』(大阪市,1996)の索引より、“火事”“火災”関連の項目でめぼしいものなし。
“消防”の項目から、同第4巻p.3,p.181,p.186を見るが、江戸時代の大阪の消防制度についてのみで、刑罰についての記述はなし。

『大阪市消防の歴史 -大阪市消防発足20周年記念』(大阪市消防局,1968)
p.17「<夜四ツ時以降をたて可申之事、投火夜番の物心得之事」、
p.19「火の用心可致之事、並不審成者可捕来之事」、
p.22「…夜中年寄月行事相廻、不審成者有之候はば召捕…」など、付け火に関する事項はあるが、役職についてはなし。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
法制史  (322 9版)
参考資料
(Reference materials)
「大坂町奉行と刑罰」 藤井 嘉雄/著 清文堂出版,1990
ISBN 4-7924-0292-1<当館書誌ID:0000243039>
キーワード
(Keywords)
大坂
刑罰
火災
消防
大坂町奉行
大阪府大阪市
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000056451解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!