このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000056337
提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
10-RE-200904-02
事例作成日
(Creation date)
2007/08/15登録日時
(Registration date)
2009年07月10日 02時10分更新日時
(Last update)
2011年01月11日 10時05分
質問
(Question)
「源氏八領」と呼ばれる鎧が、源義家の時代に作られて源氏に代々受け継がれたという。
現存するなら収蔵先を、現存しないのなら外見の特徴が分かる資料を教えてほしい。
回答
(Answer)
「源氏八領(げんじはちりょう)」とは、清和源氏の宗家に重宝として相伝された八領の鎧。
月数(つきかず)、日数(ひかず)、薄金(うすがね)、源太産衣(げんたのうぶぎぬ)、沢瀉(おもだか)、膝丸(ひざまる)、八龍(はちりょう)、楯無(たてなし)の銘がある名甲の称。
(「日本国語大辞典」【源氏八領鎧】より)

「国史大辞典」や「日本国語大辞典」「大辞泉」では「現存しない」とされている。
一方、「日本美術作品レファレンス事典 工芸篇」「図解日本甲冑事典」によると、
山形県菅田天神社の「小桜革威鎧(こざくらがわおどしよろい)」が「楯無鎧」、
愛知県猿投神社蔵の「樫鳥絲威鎧(かしどりいとおどしよろい)」が「薄金鎧」との伝承があるとのこと。
「小桜韋威鎧(こざくらがわおどしよろい)(伝・楯無鎧)」、「樫鳥絲威鎧(かしどりいとおどしよろい)(伝・薄金鎧)」は、写真が収録されている美術図鑑を紹介。
残りの六領については現存についての記載は見つからず。

「大辞泉」・「日本国語大辞典」記載内容と、「保元物語」・「平治物語」に源氏八領の描写があることを案内。
他にも当館資料「甲冑と名将」「日本甲冑図鑑 上巻」に源氏八領についての記述があるので、これらを紹介。
回答プロセス
(Answering process)
1.「国史大事典」に“源氏の八甲”の項目あり。
  「保元物語」から鎧の外見についての記述が引用されており、また伊勢貞丈「源氏八領鎧考」など参考図書の紹介もある。
 1) 伊勢貞丈「源氏八領鎧考」は、「国書総目録」で調べたが、活字本なし。

2.商用DB「ジャパンナレッジ」を“源氏八領”をキーワードに検索
 →「日本国語大辞典」・「デジタル大辞泉」に「源氏八領の鎧」の項あり。
   由来・八領の名称が紹介。
   「保元物語・平治物語に記述があるが、現存しない」
 
 さらに、“源氏八領”をキーワードに全文検索すると、下記4件が見つかる。
  1)うす‐がね【薄金】(デジタル大辞泉)
  2)おも‐だか【沢瀉/面高】(デジタル大辞泉)
  3)たて‐なし【楯無】(デジタル大辞泉)
  4)おも‐だか【沢瀉・面高】(日本国語大辞典)
 外見の描写もあり。
 例)「沢瀉(おもだか)」 ~札(さね)は黒塗り、総萌黄(そうもえぎ)の糸で沢瀉威(おどし)にし、耳糸は白を用いたという。
     (「大辞泉」より)

3.「日本美術作品レファレンス事典 工芸篇」を確認。
  →「作品名索引」には“楯無”などの号ではなく“小桜韋威鎧(号楯無)”という名称で紹介されるので、
    これを通覧し探すのは困難。
    「事項名索引」で「鎧」→「武具(具足工芸)」となっており、「具足工芸」の章を通覧。
源氏八領のうち“楯無”が「小桜韋威鎧」の名称で山梨県の菅田天神社に所蔵されているとあり。国宝。

4.“楯無”以外も現存していれば、国宝や重要文化財の指定をうけている可能性が高い。
→「国指定文化財データベース」では“楯無”などの号では検索できず。
    「小桜韋威鎧(こざくらがわおどしよろい)」の正式名称でないと検索できない。
    正式名称の分からない他の七領については通覧するしかなし。収録点数が多すぎ、断念。

5.当館資料で鎧・甲冑の事典類を確認
  「甲冑と名将」(雄山閣出版、1966)p28に「小桜威鎧」(管田天神社蔵)のモノクロ写真あり。
   「源義家の巻」「源為朝の巻」などに源氏八領についての記述がある。
   参考資料としておすすめするが、索引がないので通覧の必要あり。
  「図解日本甲冑事典」(雄山閣出版、1996.2)に「名甲紹介」の章があるが、「小桜韋威鎧」などの正式名称で紹介されている。
   「分類索引」に「薄金鎧」、「楯無鎧」、「八龍の鎧」の項あり。
   うち「薄金鎧」は、愛知県猿投神社蔵の「樫鳥絲威鎧(かしどりいとおどしよろい)」が「伝・薄金」とされているが信憑性に欠けるとのこと。
   「楯無鎧」は、山形県菅田天神社の「小桜革威鎧」が「楯無鎧」とされているとのこと。
  「日本甲冑図鑑 上巻」索引なし。目次より「伝説上の初期大鎧」「源平争覇期の大鎧」の項を見つけ、内容確認。
  源氏八領についての記述がある。参考資料としておすすめする。

6. 「樫鳥絲威鎧」(伝・薄金鎧)が「日本美術作品レファレンス事典 工芸篇」に収録されているか確認。
   収録されているが、「伝・薄金」等の注釈はなし。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
金工芸  (756 9版)
参考資料
(Reference materials)
「国史大辞典5 け-こほ」 国史大辞典編集委員会/編(吉川弘文館、1985.2、ISBN 4-642-00505-6、当館書誌ID:0000166995)
商用データベース「ジャパンナレッジ」 「デジタル大辞泉」「日本国語大事典」
「国指定文化財データベース」( http://www.bunka.go.jp/bsys/  )2009.4.3確認
「日本美術作品レファレンス事典 工芸篇」日外アソシエーツ株式会社/編集(日外アソシエーツ、2002、ISBN 4-8169-1707-1
当館書誌ID:0010260227)
「甲冑と名将」 笹間 良彦/著(雄山閣出版、1966、当館書誌ID:0080034999)
「図解日本甲冑事典」笹間 良彦/著(雄山閣出版、1996.2、ISBN 4-639-00779-5、当館書誌ID:0000524166)
「日本甲冑図鑑 上巻」笹間 良彦/著(雄山閣、1964、当館書誌ID:0080099116)
キーワード
(Keywords)
源氏八領
源氏の八甲
楯無
胴丸
具足
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000056337解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決