このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000056311
提供館
(Library)
京都精華大学情報館 (3310030)管理番号
(Control number)
R209-0011
事例作成日
(Creation date)
2009/07/08登録日時
(Registration date)
2009年07月08日 17時28分更新日時
(Last update)
2009年12月22日 12時38分
質問
(Question)
①大検の受験者数の変化や受検者層、②中卒や高校中退者数の具体的な統計を見たい。
できれば検定ができた1951年以降から現在までの統計が欲しい。
回答
(Answer)
①大検の受験者数の変化や受検者層

文部科学省のホームページから入手した以下の資料を提供。
 「平成20年度第2回高等学校卒業程度認定試験実施結果について」
 →出願者の男女比、合格者の最終学歴、年齢、受験地、昭和26年度以降の受験状況の推移のデータあり。
 
 また、 「学校基本調査」のデータが公開されていることを紹介した。


②中卒や高校中退者数の具体的な統計

 自館に所蔵している『学校基本調査報告書 : 高等教育機関 平成20年度』では
 大学・短期大学・高等専門学校の卒業後の状況調査が記載されている。
 webcatで高等学校・中学校のデータが記載されている資料を検索して案内した。

 『文部科学統計要覧 平成21年版』文部科学省生涯学習政策局調査企画課 [編] 財務省印刷局 2009の記載頁を紹介。
 p.238-239「18歳人口及び高等教育機関への入学者数・進学率等の推移」(1965-2008年)
 p.54-55「(中学校)卒業者数」(1955-2008年 5年おき) 進学者・就職者以外の者の項目あり。
 p.66-67「(高等学校)卒業者数」(1955-2008年 5年おき) 進学者・就職者以外の者の項目あり。

 また、自館に所蔵している以下資料を紹介。
 『最新教育データブック : 教育の全体像が見えてくる, 第12版』清水一彦 [ほか] 編著 時事通信出版局/時事通信社 (発売) 2008 p.90-91
 『生徒指導上の諸問題の推移とこれからの生徒指導 : データに見る生徒指導の課題と展望』(生徒指導資料:第1集) 国立教育政策研究所生徒指導研究センター[著] ぎょうせい 2003 p.52-59
 上記2点は貸出された。
 
 文部科学省のホームページから入手した以下の資料を提供。
 「卒業者数,就職者数及び就職率等の推移[中学校]」(1950-2008年) →「進学も就職もしていない者」というデータあり。
 「(4-1)中途退学者数等の推移(PDF:16KB)」(1983-2003年)
回答プロセス
(Answering process)
①大検の受験者数の変化や受検者層


1.Japan Knowledge(ネットアドバンス社提供)で「大検」を検索。

 「デジタル大辞泉」より、「大学入学資格検定試験」の略だとわかる。
 また、2005年以降「高等学校卒業程度認定試験」と名称変更したことがわかる。


2.教育系の事典で調査。

 『教育問題情報事典 第2版』日外アソシエーツ株式会社編 日外アソシエーツ/紀伊國屋書店 (発売) 2002
 p.225-226 「大学入学資格検定」の項あり。また図書・雑誌記事の紹介もある。

 『現代教育学事典』青木一[ほか]編 労働旬報社 1988
 p.512-513 「大学入学資格検定制度(大検)」の項あり。

 『新教育学大事典 第5巻』細谷俊夫 [ほか] 編集代表 第一法規出版 1990
 p.41-42 「大学入学資格検定」の項あり。


3.文部科学省のホームページで調査。

 ホーム右上の検索窓から「高等学校卒業程度認定試験」を検索。
 「高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)」のページがヒットし、
 「平成20年度第2回高等学校卒業程度認定試験実施結果について」というページが見つかる。
 ここより出願者の男女比、合格者の最終学歴、年齢、受験地、昭和26年度以降の受験状況の推移のデータが見つかる。
 

4.総務省統計局ホームページで調査。

 ホーム左上の検索窓から「高校卒業程度認定試験」、「大学入学資格検定試験」を検索したがヒットしなかった。
 「大学入学資格検定」で検索→4件ヒットするが、用語の解説がヒットした。


5.政府統計の総合窓口(e-Stat)ホームページでで調査。
 
 「統計データを探す」から 「高校卒業程度認定試験」、「大学入学資格検定試験」を検索したがヒットしなかったが
 「大学入学資格検定」で検索すると以下の統計資料がヒットした。

学校基本調査 > 平成17年度  > 高等教育機関 > 学校調査 > 大学・大学院
 →「16 学部別 高校卒業年別 入学志願者数 2005年」→その他(検定等)
  「17 学部別 高校卒業年別 入学者数 2005年(excel)」→その他(検定等)
  「19 出身高校の所在地県別 入学者数 2005年」 →その他
  ※"「その他」とは,「外国において,学校教育における12年の課程を修了した者」「専修学校高等課程の修了者」及び「大学入学資格検定規程(昭和26年文部省令第13号)により文部科学大臣が行う大学入学資格検定に合格した者」等である。(学校教育法施行規則第69条)"と記載があった。

  学校基本調査 > 平成17年度 > 高等教育機関 > 学校調査 > 短期大学
  44 関係学科別 高校卒業年別 入学志願者数 2005年 →その他(検定等)
45 関係学科別 高校卒業年別 入学者数 2005年 →その他(検定等)
46 出身高校の所在地県別 入学者数 2005年 →その他
※"「その他」とは,「外国において,学校教育における12年の課程を修了した者」,「専修学校高等課程の修了者」及び「大学入学資格検定規定(昭和26年文部省令第13号)により文部科学大臣の行う大学入学資格検定に合格した者」等である。(学校教育法施行規則第69条)"と記載があった。

  学校基本調査 > 平成16年度 > 高等教育機関 > 学校調査 > 大学・大学院
 16 学部別 高校卒業年別 入学志願者数 2004年 →その他(検定等)
 17 学部別 高校卒業年別 入学者数 2004年 →その他(検定等)
 19 出身高校の所在地県別 入学者数 2004年 →その他
 ※"「その他」とは,「外国において,学校教育における12年の課程を修了した者」「専修学校高等課程の修了者」及び「大学入学資格検定規定(昭和26年文部省令第13号)により文部科学大臣の行う大学入学資格検定に合格した者」等である。(学校教育法施行規則第69条)"と記載があった。

学校基本調査 > 平成16年度 > 高等教育機関 > 学校調査 > 短期大学
44 関係学科別 高校卒業年別 入学志願者数 2004年 →その他(検定等)
45 関係学科別 高校卒業年別 入学者数 2004年 →その他(検定等)
46 出身高校の所在地県別 入学者数 2004年 →その他
 ※"「その他」とは,「外国において,学校教育における12年の課程を修了した者」,「専修学校高等課程の修了者」及び「大学入学資格検定規定(昭和26年文部省令第13号)により文部科学大臣の行う大学入学資格検定に合格した者」等である。(学校教育法施行規則第69条)"と記載があった。



②中卒や高校中退者数の具体的な統計


1.自館で統計資料を調査。

 『統計情報インデックス 2008』総務庁統計局編 日本統計協会 2008
 「教育」の項目などでどのような統計資料があるか確認。

 『日本長期統計総覧:第5巻』(住居,社会保障,保健医療,教育・文化,科学技術,公務員・選挙,司法・警察,災害・事故,国防)日本統計協会 1988
 p.260「22-7 就学率及び進学率の推移(昭和23年~60年)」
 データ下に、文部省「学校基本調査」、文部省「文部統計要覧」と記載あり。 

 『学校基本調査報告書 : 高等教育機関 平成20年度』文部省大臣官房調査統計課編 大蔵省印刷局 2008
 大学・短期大学・高等専門学校の卒業後の状況調査はあるが、高等学校・中学校のデータはなし。

 『文部科学統計要覧 平成21年版』文部科学省生涯学習政策局調査企画課 [編] 財務省印刷局 2009
 p.238-239「18歳人口及び高等教育機関への入学者数・進学率等の推移」(1965-2008年)
 p.54-55「(中学校)卒業者数」(1955-2008年 5年おき) 進学者・就職者以外の者の項目あり。
 p.66-67「(高等学校)卒業者数」(1955-2008年 5年おき) 進学者・就職者以外の者の項目あり。

 
2.文部科学省のホームページで調査。

 トップ→統計情報→1.学校教育に関する統計調査「学校基本調査」→各年度「平成20年度(速報)」→参考図表
 「卒業者数,就職者数及び就職率等の推移[中学校]」(1950-2008年) 進学も就職もしていない者

 トップ→統計情報→1.学校教育に関する統計調査「公・私立高等学校における中途退学者数等の状況調査」→各年度「平成15年」
 「(4-1)中途退学者数等の推移(PDF:16KB)」(1983-2003年)
 ※『生徒指導上の諸問題の推移とこれからの生徒指導 : データに見る生徒指導の課題と展望』 (生徒指導資料:第1集) 国立教育政策研究所生徒指導研究センター[著] ぎょうせい 2003 p.53と同じデータあり(ホームページの方が最新の情報)


3.国立国会図書館ホームページのリサーチ・ナビで「教育」、「統計」を検索。
 いくつかヒットした中から「教育統計」のページで紹介されている資料で、自館に所蔵している資料を調査。
 下記2点は所蔵していた。

 『最新教育データブック : 教育の全体像が見えてくる, 第12版』清水一彦 [ほか] 編著 時事通信出版局/時事通信社 (発売) 2008 p.90-91

 『生徒指導上の諸問題の推移とこれからの生徒指導 : データに見る生徒指導の課題と展望』(生徒指導資料:第1集) 国立教育政策研究所生徒指導研究センター[著] ぎょうせい 2003 p.52-59


上記内容を調査報告すると、十分とのことだったので調査を終了した。
事前調査事項
(Preliminary research)
教育関係の事典を見ると、文部科学省の統計の記載があるがどれを見ればいいのか、と問い合わせあり。
参考図書コーナーの『日本の統計』などの統計資料や、文部科学省の冊子を見たが、大検や高校中退者については見つからなかったとのこと。
NDC
統計  (350 8版)
教育史.事情  (372 8版)
教育課程.学習指導.教科別教育  (375 8版)
参考資料
(Reference materials)
教育問題情報事典 第2版 日外アソシエーツ株式会社編 日外アソシエーツ/紀伊國屋書店 (発売) 2002
現代教育学事典 青木一[ほか]編 労働旬報社 1988
新教育学大事典(第5巻) 細谷俊夫 [ほか] 編集代表 第一法規出版 1990
統計情報インデックス2008 総務庁統計局編 日本統計協会 2008
日本長期統計総覧:第5巻(住居,社会保障,保健医療,教育・文化,科学技術,公務員・選挙,司法・警察,災害・事故,国防)日本統計協会 1988
学校基本調査報告書 : 高等教育機関 平成20年度 文部省大臣官房調査統計課編 大蔵省印刷局 2008
文部科学統計要覧 平成21年版 文部科学省生涯学習政策局調査企画課 [編] 財務省印刷局 2009
最新教育データブック : 教育の全体像が見えてくる, 第12版 清水一彦 [ほか] 編著 時事通信出版局/時事通信社 (発売) 2008 
生徒指導上の諸問題の推移とこれからの生徒指導 : データに見る生徒指導の課題と展望(生徒指導資料:第1集)  国立教育政策研究所生徒指導研究センター[著] ぎょうせい 2003
Japan Knowledge / ネットアドバンス社提供 / 学内のみ検索可能/ [last access 2009/07/08]
文部科学省ホームページ / 文部科学省 / http://www.mext.go.jp/ [last access 2009/07/08]
総務省統計局ホームページ / 総務省 統計局 / http://www.stat.go.jp/ [last access 2009/07/08]
政府統計の総合窓口(e-Stat) / 独立行政法人統計センター / http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/eStatTopPortal.do / [last access 2009/07/08]
リサーチ・ナビ / 国立国会図書館 / http://rnavi.ndl.go.jp/rnavi/ [last access 2009/07/08]
NACSIS Webcat / 国立情報学研究所 / http://webcat.nii.ac.jp/webcat.html  / [last access 2009/07/08]
キーワード
(Keywords)
高卒認定
高認
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000056311解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!