このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000056145
提供館
(Library)
東京都江戸東京博物館 図書室 (4110007)管理番号
(Control number)
edo2009-02
事例作成日
(Creation date)
2009年06月01日登録日時
(Registration date)
2009年07月02日 17時10分更新日時
(Last update)
2018年02月08日 15時09分
質問
(Question)
てんぷらの語源は? 江戸時代の何という本にそれが書かれているか。
回答
(Answer)
 山東京山著「蜘蛛の糸巻」(弘化3年=1846年刊)と宮川政運著「俗事百工起源」(慶応元年=1865年刊)の中に山東京伝が名付けたというエピソードが書かれています。「蜘蛛の糸巻」は『日本随筆大成』第2期 第7巻(吉川弘文館)に、「俗事百工起源」は『未刊随筆百種』第2巻(中央公論社)に活字化され、所収されています。
 しかしてんぷらの語源は、宣教師が来日した16世紀、スペイン語のテンプロ=寺(宣教師の教会。ここから伝わった料理ということ)から、ポルトガル語のテンペロ=料理から等、ほかにも諸説あり、『日本国語大辞典』(小学館)には“油を天麩羅と書き、音読したものという”ともあります。語源(説)の最も多い食べもののひとつと言えると思います。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
衣住食の習俗  (383)
参考資料
(Reference materials)
『日本随筆大成』第2期 第7巻 吉川弘文館 1974年 請求記号:0815 / 10 / 30-S00 (蜘蛛の糸巻説)
『未刊随筆百種』第2巻 中央公論社 1976年 請求記号:9145 / 5 / 0002-S00 (俗事百工起源説)
『日本国語大辞典』小学館 1985年
『錦絵が語る江戸の食』松下幸子著 遊子館 2001年 請求記号:3838 / 215 / 0009 (p.108-109 京伝説、虚南留別志(うそなるべし)説、南蛮語説)
『食辞林 日本の食べ物・語源考』興津要著 双葉社 1997年 請求記号:3838 / 132 / 97 (p.206 南蛮語説、京伝より年長の蜀山人が書き残していることから京伝説に疑問を唱える)
『江戸の舶来風俗誌 江戸風俗資料 第10巻』小野武雄編著 展望社 1975年 請求記号:2105 / 277 / 75 (p.263-265)
「天ぷらの初出文献」平田萬里遠(『日本随筆大成 第3期18巻』付録 日本随筆大成編輯部編 天野信景著 吉川弘文館 1978年 請求記号:0815 / 10 / 65-S0)
『くいもの 食の語源と博物誌』小林祥次郎/著 勉誠出版 2011年 請求記号:3838 / 223 / 0011 (p.2~11)
キーワード
(Keywords)
てんぷら
天ぷら
天麩羅
天婦羅
大暑
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
『飲食系図』(本山荻舟著 関書院 昭和23年)(国立国会図書館デジタルコレクション)  http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1065557/33
「てんぷら」(江戸食文化紀行 no.18)(歌舞伎座)  http://www.kabuki-za.com/syoku/2/no18.html  (2015/7/20確認)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000056145解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!