このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000055765
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
OSPR09050025
事例作成日
(Creation date)
2009年5月13日登録日時
(Registration date)
2009年06月18日 02時11分更新日時
(Last update)
2009年06月18日 11時19分
質問
(Question)
三和土(たたき)-土間などをつくるときの工法のひとつで京都の建物によくみられる-について、特に材料の配合割合を知りたい。
回答
(Answer)
『土木学会誌 72巻8号 1987.8月』(請求記号:雑/365/#)p.28-29のp.29に表2”三和土の作り方など”に材料の配合などが記載されている。
他に配合割合は出ていないが、『技術史の旅』(請求記号:700/2481/#)p.73-77、『茶の匠 茶室建築三十六の技』(請求記号:526.7/39N)p.136-139(工程の写真つき)、『建築大辞典』(請求記号:520.3/10N)p.998、『土と左官の本2』(請求記号:525.5/96N/2)p.145(市販の三和土セットの説明と取扱業者名あり)などに説明がでている。
 
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
建築学  (520 8版)
参考資料
(Reference materials)
『土木学会誌 72巻8号 1987.8月』(土木学会)(ページ:28-29)
『技術史の旅』(飯塚一雄/著 日立製作所 1985.3)(ページ:73-77)
『茶の匠:茶室建築三十六の技』(飯島照仁/文 竹前朗/写真 淡交社 2002.7)(ページ:136-139)
『建築大辞典:第2版』(彰国社 1993.6)(ページ:998)
『土と左官の本 2(コンフォルト別冊)』(建築資料研究社 2003.8)(ページ:145)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000055765解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!