このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000055398
提供館
(Library)
宮城県図書館 (2110032)管理番号
(Control number)
MYG-REF-090010
事例作成日
(Creation date)
2009/05/15登録日時
(Registration date)
2009年06月06日 02時10分更新日時
(Last update)
2010年02月12日 13時45分
質問
(Question)
尾形氏・尾形姓について調査している。以下の2点について調査と資料の紹介をお願いしたい。

(1)宮城県は全国でも突出して尾形姓が多い(1400世帯)。宮城県にはいつごろ、いかなる経緯(理由)で土着したのか。
(2)宮城県内での尾形姓は、北部海岸沿いの市町村にその多さが目立つが、県南では、柴田郡が周囲の郡と比較すると特に多い。私見だが、この地区の尾形姓の先祖は大河原の宿ができた際、出羽、特に上山から移住してきたのではないか(上山も尾形姓は多い)。大河原の旧家には山形県出身者が多いという。これを裏付けるような資料や言い伝えはないだろうか。
回答
(Answer)
(1)について
 以下の資料を調査しましたが、宮城県内においてに、いついかなる経緯で尾形姓が土着したのか、詳細な記述は見当たりませんでした。
資料1: 角川日本姓氏歴史人物大辞典 4. 角川書店, 1994【K288/カ9】
資料2: 鈴木常夫. みやぎの苗字. 本の森, 1998【K280/984】
資料3: 鈴木常夫. 他姓と難読姓からみた東北人の苗字. 本の森, 2001【K288/011】
 尚ご参考までに、尾形姓について関連した記述がある箇所をご紹介します。
資料1: P544~545「おがた」部分抜粋
 「小片 おがた 白石市片倉家の家臣に初代を仲知とする小片家がある。」
 「小形 おがた 角田市に多い。柴田郡堤村(大河原町)に、寛永年間から住むという小形家が二家ある。」
「緒方 おがた 仙台藩家臣に、緒方四郎兵衛に始まる緒方家がある。先祖は、天文十六年の伊達晴宗の代に五貫五〇〇文を知行したという。」
 「尾形 おがた 仙台市・気仙沼市・桃生郡鳴瀬町・石巻市に多い。
 〔1〕葛西家の家臣に尾形新右衛門がおり、(略)天正十八年ころまで居住していたという。
 〔2〕本吉郡北方赤岩村(気仙沼市)羽田権現社の社家に、遠祖を大分県の豪族緒方三郎惟義とする「大上」尾形屋がある。(略)分家なども多い。
 〔3〕本吉郡北方鹿折村(気仙沼市)小々汐屋敷に、先祖を加賀とする尾形家がある。(略)同家一族は網子もめ五十数家に達した。
 〔4〕桃生郡鳴瀬町に、藩政期から明治期にかけて海運業にかかわった尾形家がある。(略)明治期以降に尾形姓を名のる。
 〔5〕登米郡米山町中津山に、尾形家がある。遠田郡大沢村百々城主百々左京亮の家臣であった尾形掃部が、百々氏没落ののち、(略)帰農したのが始まりと伝える。
 〔6〕栗原郡佐沼北方村(迫町)永田屋敷に、尾形仁右衛門を先祖とする尾形家がある。
 〔7〕栗原郡高清水町台町に、石母田氏の家臣、尾形七蔵を祖とする尾形家がある。(略)宝暦七年、宮崎村より高清水村への移封に従う。
 〔8〕栗原郡志波姫町堀口御駒堂に、屋号を「鍋屋」という尾形家がある。同家は江戸時代初期に栗原郡一迫の尾形氏から分かれたと伝えられる。
 
資料2: P192~193「尾形(おがた)」
  「おがたには緒方、小形、小方等がある。尾形氏は、九州の(略)三輪氏族が名乗ったのが始まりとされ、(略)このほか、下総国(千葉県・茨城県)や陸前国(宮城県)発祥の尾形氏がある。(略)」
 
P140~141「鳴瀬町(なるせちょう)」
  (町内多姓の)「トップは尾形、ついで高橋、桜井、千葉(略)。尾形がトップという町は珍しい。なぜ多いのか、その由来ははっきりしていない。
(2)について
以下の資料を調査しましたが、柴田郡の尾形姓は、大河原の宿ができた際に出羽(特に上山)から
移住してきたという事実の記載は見当たりませんでした。

資料4: 柴田町史編さん委員会. 柴田町史(通史篇1). 柴田町, 1989【K213.3/シ4/4】
資料5: 柴田町史編さん委員会. 柴田町史(通史篇2). 柴田町, 1992【K213.3/シ4/5】
資料6: 柴田郡教育会. 柴田郡誌. 柴田郡教育会. 1925. 【K213/シ1】
資料7: 大河原町史編纂委員会. 大河原町史 通史編. 大河原町, 1982【K213.1/オ2-3/1】
資料8: 大河原町史編纂委員会. 大河原町史 諸史編. 大河原町, 1984【K213.1/オ2-3/2】
資料9: 無明舎出版. 奥州街道. 無明舎出版, 2002【K682/02Z】
資料10: 高倉淳. 仙台領の街道. 無明舎出版, 2006【K682/06Z】
資料11: 宮城県教育委員会. 宮城県文化財調査報告書 第60集. 宮城県文化財保護協会, 1979【K709/ミ2-7/エ60A】
資料12: 渡辺信夫. みちのく街道史. 河北書房新社, 1990【K682/ワ1】
資料13: 宮城県内公共図書館所蔵郷土関係論文目録検索 「尾形」「大河原」「出羽」「山形」「移住」キーワードで検索
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
系譜.家史.皇室  (288 9版)
参考資料
(Reference materials)
1 角川日本姓氏歴史人物大辞典 4 角川書店 1994.7 K288/カ9/イ 544~545 、156~157 小片、小形、尾形、緒方;

2 みやぎの苗字 鈴木 常夫/著 本の森 1998.4 K280/1998.4 192、140 尾形;

3 多姓と難読姓からみた東北人の苗字 鈴木 常夫/著 本の森 2001.1 K288/2001.1 ;

4 柴田郡誌 柴田郡教育会/編 柴田郡教育会 1925 K213/シ1 ;

5 柴田町史 通史篇 1 柴田町史編さん委員会/編 柴田町 1989.3 K213.3/シ4/4 ;

6 大河原町史 諸史編 大河原町史編纂委員会/編 大河原町 1984.3 K213.1/オ2-3/ウ2 646 大河原宿;

7 柴田町史 通史篇 2 柴田町史編さん委員会/編 柴田町 1992.5 K213.3/シ4/5 ;

8 大河原町史 通史編 大河原町史編纂委員会/編 大河原町 1982.5 K213.1/オ2-3/1 186、 大河原宿の形成;

9 奥州街道 無明舎出版∥編 無明舎出版 2002.12 K682/2002.Z 98 ;

10 仙台領の街道 高倉/淳∥著 無明舎出版 2006.12 K682/2006.Z ;

11 宮城県文化財調査報告書 第60集 宮城県教育委員会/編 宮城県文化財保護協会 1979 K709/ミ2-7/エ60A ;

12 みちのく街道史 渡辺 信夫/著 河出書房新社 1990.3 K682/ワ1
キーワード
(Keywords)
系譜--宮城県
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000055398解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!