このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000055046
提供館
(Library)
ポーラ化粧文化情報センター (4310007)管理番号
(Control number)
POLA-2009-001
事例作成日
(Creation date)
2009年05月21日登録日時
(Registration date)
2009年05月21日 16時20分更新日時
(Last update)
2009年05月21日 16時48分
質問
(Question)
口紅の色の流行について、歴史的な流行、近年の動向などを知りたい。
回答
(Answer)
[歴史的な流行]
江戸時代より前の流行を追うことは難しい。江戸時代には、時代や地域によって濃淡の流行があった。独特なつけ方としては江戸時代後期に流行った「笹色紅(ささいろべに)がある。これは紅をたっぷり塗ると玉虫のような緑色の光沢を発することからこうよばれた。紅は高価なものだったので、代替の方法として下地に墨を塗って上から薄く紅を塗る方法も考え出された。
1960年代にはピンク色の口紅流行のきっかけの一つともなった、マックスファクターが行ったキャンペーン「ローマンピンク」がある。
雑誌『フレグランスジャーナル』1999年11月号には1970年から1989年までの口紅の色の構成比のグラフが掲載されている。
回答プロセス
(Answering process)
口紅をはじめとする江戸時代のメークアップは、京阪では濃いめ江戸では薄化粧が好まれることが文献などから指摘できる。
笹色紅については『都風俗化粧伝(みやこふうぞくけわいでん)』などの美容読本などに紹介されている。
1960年代、マックスファクターの「ローマンピンクキャンペーン」は手持ちの資料より。
口紅の色の構成比グラフは掲載誌の巻号がうろ覚えだったため、研究用データベースで巻号数を確定
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
衣住食の習俗  (383 9版)
理容.美容  (595 9版)
参考資料
(Reference materials)
佐山半七丸[著] ; 速水春暁斎画図 ; 高橋雅夫校注『都風俗化粧伝(東洋文庫 ; 414)』平凡社 , 1982
ポーラ文化研究所編『日本の化粧 : 道具と心模様(ポーラ文化研究所コレクション ; 2)』ポーラ文化研究所 , 1989
高橋雅夫著『化粧ものがたり : 赤・白・黒の世界』雄山閣 , 1997
『化粧史文献資料年表〈増補改訂〉』ポーラ文化研究所 , 2001
棟方明博「メイクアップ化粧品と色」『フレグランスジャーナル』フレグランスジャーナル社、1999.11、pp44-50 (雑誌記事)
キーワード
(Keywords)
化粧-日本
口紅
流行
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000055046解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決