このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000055012
提供館
(Library)
池田市立図書館 (2310164)管理番号
(Control number)
ike-095
事例作成日
(Creation date)
2008年06月05日登録日時
(Registration date)
2009年05月19日 19時56分更新日時
(Last update)
2009年06月06日 13時27分
質問
(Question)
蝶の雄雌はいつから判別できるか(形状)
回答
(Answer)
伊丹市昆虫館に聞きました:
成虫では区別がつきますが、それ以前の段階では判別がつきにくいそうです。しかし、例えば、アゲハチョウでいうと、蛹の段階で判別できるそうです。 大きさは変わりませんが、おしりの先が少し違うそうです。

※図鑑類等、参考資料を紹介していただきましたが、蛹の図・写真の記載はあるものの、雄雌の判別ができるものは見つかりませんでした。
回答プロセス
(Answering process)
下記資料を調べるが見あたらなかった。
『日本のチョウ(小学館の学習百科図鑑39)』4-09-217039-4 小学館 1983.3

『虫さがし(虫の飼いかた・観察のしかた1』筒井学/他文・写真 偕成社 1998.3
蛹のイラスト:p10
『飼育と観察(小学館の図鑑NEO 15)』小学館 2005.8 B10183054 C460
蛹化・羽化の図:p31
『昆虫(小学館の図鑑NEO 3)』小学館 2002.7 B10167123
p100-101 「アゲハの育ち方」/p110「アゲハチョウのなかま②」/
p182「昆虫を飼おう②アゲハの幼虫-観察のポイント」に蛹の写真:p182

『チョウの生物学』本田計一/他編 東京大学出版会 2005.8 N486.8 B10186151
『カラー 日本の蝶(山渓カラーガイド 42』小檜山賢二/他著 山と渓谷社 1971.3 B10038542
『蝶の生態と観察』福田晴夫/他著 築地書館 1988.5
『雄と雌の数をめぐる不思議』長谷川真理子 NTT出版 1996.12
(※第2章 どのように雄になるのか、雌になるのか)
『「性」の不思議がわかる本』グリーンウッド,P.J. HBJ出版局 1991.2
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
昆虫類  (486 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
伊丹市昆虫館
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
小中学生
登録番号
(Registration number)
1000055012解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!