このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000055007
提供館
(Library)
池田市立図書館 (2310164)管理番号
(Control number)
ike-o91
事例作成日
(Creation date)
2008年03月13日登録日時
(Registration date)
2009年05月19日 16時21分更新日時
(Last update)
2009年06月06日 13時25分
質問
(Question)
高村光太郎の詩『道程』の読みについて、「どうてい」と思っていたが、「みちのり」ときいたという人もいる。 いつからそう読むようになったのか。
回答
(Answer)
詩歌の辞典類、収録詩集などあたるが、「どうてい」と読みはありますが、「みちのり」と読むものは見当たりませんでした。 詩の朗読CDでも、すべて「どうてい」と読んでいます。
回答プロセス
(Answering process)
「どうてい」とふり仮名のあるもの
①『現代詩の解釈と鑑賞事典』p109 「道程」の解説中
②『日本現代詩辞典』p297 高村光太郎の解説文中
CD『愛誦したい日本の名詩(朗読 心の本棚)』キング・レコード 1983 では(どうてい)と読んでいる

ふり仮名のないもの
『高村光太郎全詩集』 新潮社 1966(底本は大正3年の初版本)
『道程』 日本図書センター 1999.12(底本は大正3年の初版本)
『近代詩鑑賞辞典 9版』 p236に「道程」についての解説あり、読みなし
『評釈現代詩歌』 p124 高村光太郎及び「道程」の解説あり、読みなし
事前調査事項
(Preliminary research)
「みちのり」と聞いたという人が何人もいるとのことで、問い合わせがあった。 学校でも先生が「みちのり」とよんだらしい。 但し、質問者本人は(どうてい)で習ったとのこと。
NDC
詩歌  (911 9版)
参考資料
(Reference materials)
『高村光太郎全詩集』 新潮社 1966
『道程』 日本図書センター 1999.12
『近代詩鑑賞辞典 9版』 吉田精一/他編 東京堂出版 1978
『評釈現代詩歌』 吉田精一/著 旺文社 1966
CD『愛誦したい日本の名詩(朗読 心の本棚)』キング・レコード 1983
『現代詩の解釈と鑑賞事典』 小海永二/編 旺文社 1979.3
『日本現代詩辞典』 分銅惇作/編 桜楓社 1986.2
キーワード
(Keywords)
詩歌(日本)
『道程』
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000055007解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!