このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000054579
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2008-144
事例作成日
(Creation date)
2009/01/10登録日時
(Registration date)
2009年05月09日 02時11分更新日時
(Last update)
2009年05月12日 15時30分
質問
(Question)
①円相場について書かれている資料(円高と円安、どちらがいいのか)、②原油、小麦、株などの価格は何を根拠に、誰が決めているのか。
回答
(Answer)
①「円高・円安のすべてがわかる本」(移動図書館車資料)p2-5とp54-55に、為替取引や円の売買過程、円安・円高の基準や基軸通貨についてあり。
「外国為替のしくみ 見る読むわかる入門の経済」(移動図書館車資料)p158-161に、変動相場制の現況と、固定相場制から変動相場制への移行の経緯、ニクソンショックについて記述あり。
『円安VS円高 どちらの道を選択すべきか』 円高・円安それぞれのメリットとデメリットについてあり。
「経済のしくみがやさしくわかる本」(移動図書館車資料)p85-87「円高・円安とはどのようなことをいうのか」あり。
『親子で総チェック!ニュースのことば×100』p9〈「円高」と「円安」〉に簡単な解説あり。

②「「モノの値段」の秘密」(県内公共図所蔵)p6-7「ガソリン」に、原油の取引価格の指標となっている北アメリカのWTI(West Texas Intermediate)について記述あり。
『親子で総チェック!ニュースのことば×100』p18-20に、株の売買や価格の上昇・下落、平均株価について簡単な解説あり。また、p168-169「「石油の値段」について」に、石油の値段が上がるしくみとOPEC(石油輸出国機構)について簡単な解説あり。
『現代用語の基礎知識 2009』p66-67〈株〉に、株の売買と株価の変動要因についてあり。また、p768「解説のFOCUS」に、2008年に原油価格が高騰した原因についてあり。さらに、p1054-1055〈国産小麦/輸入小麦高騰〉に、輸入小麦価格高騰の原因や国産小麦の価格の決め方についてあり。
以上の資料を提供する。
回答プロセス
(Answering process)
自館目録を〈円高〉〈モノノネダン〉などで検索。また、自館資料のうち経済の仕組みについての資料を調査。移動図書館車資料を含めて該当記述があったものを提供する。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
経済  (330 9版)
石油  (568 9版)
農業経済・行政・経営  (611 9版)
参考資料
(Reference materials)
「円高・円安のすべてがわかる本」(総合法令 1993:移動図書館車資料)
「外国為替のしくみ 見る読むわかる入門の経済」(小口幸伸 日本実業出版社 1992:移動図書館車資料)
『円安VS円高 どちらの道を選択すべきか』(藤巻健史 東洋経済新報社 2003)
「経済のしくみがやさしくわかる本」(小島郁夫 ぱる出版 1998:移動図書館車資料)
『親子で総チェック!ニュースのことば×100 』(NHK「週刊こどもニュース」プロジェクト 日本放送出版協会 2007)
『現代用語の基礎知識 2009』(自由国民社 2009)
「「モノの値段」の秘密」(青春出版社 2008:県内公共図蔵)
キーワード
(Keywords)
経済
外国為替
価格
原価管理
石油-石油経済
小麦-食糧経済
株 
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000054579解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!