このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000054131
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2008-124
事例作成日
(Creation date)
2008/11/22登録日時
(Registration date)
2009年04月23日 02時11分更新日時
(Last update)
2009年04月27日 14時42分
質問
(Question)
漢字のつくりについて知りたい。①なぜ「舟」が「月」に変わったのか。②[ソウ](「送」からしんにゅうを取ったもの。象形文字。火を両手で持っている人を表す。)の意味について。
回答
(Answer)
①舟はつきへんと混同し、類似するもの。部首の「月」は、月の満ち欠けなどの状態に伴って時間などの意味を表す。本来、月(ツキ)と月(フネヅキ)、月(ニクヅキ)は区別されていたが、常用漢字ではすべて月の形にしている。②小貝を両手でささげる形を意味する。
回答プロセス
(Answering process)
漢和辞典および漢字の字源に関する資料を〈舟〉〈月〉〈肉〉〈ソウ(「送」からしんにゅうを取ったもの)〉〈廾〉で検索した。   
①『大漢和辞典 5』p1010〈月〉の「参考」に「つきへんに混同し、又類似するもの、他に丹・肉・舟・?がある。形を別ければ、本来のつきへんは月で右方が離れ、丹は丹(横棒が出ていない形)で一畫は縦、肉は月で左右共に接し、舟は月(横棒が離れている。点々に近い形。) 又は月(中の線が斜めの形)で中の二畫を斜めにし」とあり。
『大漢和辞典 9』p246〈肉〉の「象形」に「切った肉による。中の点々はその筋を表す。」とあり。また、p250(月(ニク)〉に「にくづき。肉が漢字の偏となるときの形。」とあり。
『漢字類編』p400-401〈舟〉の「象形」に「舟は舟形の字とされるが、受・前・般・朕(ヨウ)などの甲骨文・金文の字形によっていえば、盤の象形で、物を盛る器である。その形が同じなので、また舟の意にもちいる。」とあり。
『角川大字源』p843〈月〉の「部首解説」に「月の満ち欠けなどの状態に伴って時間などの意味を表す。朝、服などの月は舟の省略形。本来、月(ツキ)と月(フネヅキ)、月(ニクヅキ)は区別されていたが、常用漢字ではすべて月の形にしている。」とあり。
②『漢字類編』p146〈[ソウ](「送」からしんにゅうを取ったもの〉に、「[貝の形](小貝)と廾(キョウ)(両手)との会意字。物を両手でささげる形。そのささげるものは小貝であろう。「ソウ」は贈のもとの字。」とあり。
『角川大字源』p585〈廾(キョウ)〉の「象形」に「両手を高く挙げて、物をささげているさま。」とあり。

事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
音声.音韻.文字  (811 9版)
参考資料
(Reference materials)
『大漢和辞典 5』(大修館書店 1980)
『大漢和辞典 9』(大修館書店 1980)
『漢字類編』(木耳社 1982)
『角川大字源』(角川書店 1992)
キーワード
(Keywords)
漢字
漢和辞典
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000054131解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!