このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000054127
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2008-120
事例作成日
(Creation date)
2008/11/13登録日時
(Registration date)
2009年04月23日 02時11分更新日時
(Last update)
2009年04月27日 14時42分
質問
(Question)
「然」「敷」などの傍点は、くずし字の場合省略されることがあるが、どういう場合に省略してよいのか。
回答
(Answer)
省略の可否に関するルールは発見できなかった。ただし、傍点のない楷書体や草書体は数多く確認できた。下記の資料を紹介する。
『古文書くずし字200選』
p108に〈敷〉、p137に〈然〉の用例が20例ほどあり。ほとんどが傍点あり。「傍点があるのが特徴」とあり。
『楷行草 筆順・字体字典』
p502に〈敷〉、p548に〈然〉の草書体と行書体が各2種あり。傍点の無い例あり。また、p10に「楷書、草書、行書の順に生まれたのではない。楷書と草書が同じ頃に別過程で生まれた。行書はあとで中間的なものとして生まれた。」とあり。
『漢字くずし字字典』
「部首のくずし方」に〈犬〉の例あり。「大きく崩すと傍点が無くなる」という解説あり。決まり事についての記述はなし。
『書道大字典 上』
p992-993に〈敷〉、p1378-1379に〈然〉について、古筆から50例ほど収録されている。古くから使われている文字でも傍点のないものが多い。
回答プロセス
(Answering process)
自館資料より書法、漢字、くずし字、古文書の読み方関連の資料を調査した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
書.書道  (728 9版)
音声.音韻.文字  (811 9版)
参考資料
(Reference materials)
『古文書くずし字200選』(柏書房編集部 柏書房 2001)
『楷行草 筆順・字体字典』(江守賢治 三省堂 1983)
『漢字くずし字字典』(川瀬真洞 成美堂出版 1993)
『書道大字典 上』(伏見冲敬 角川書店 1985)
キーワード
(Keywords)
書法
漢字
くずし字 
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000054127解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!