このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000054114
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2008-107
事例作成日
(Creation date)
2008/11/29登録日時
(Registration date)
2009年04月23日 02時11分更新日時
(Last update)
2009年04月27日 14時42分
質問
(Question)
熊本県五木地方に伝わる民謡(五木の子守唄など)の起源について、特に韓国から伝わったメロディらしいというようなことが記述されている資料はないか。
回答
(Answer)
以下の資料を紹介する。
起源に朝鮮との関連について触れた資料。類似性について触れているものはあるが否定的な意見が多い。
『日本の子守唄』『子守と子守歌』『日本民謡大観 九州篇(南部)・北海道篇』『日本民謡大事典』柿木吾郎「五木の子守唄に見る子守唄の原型」(『芸能の科学 10 芸能論考』)
松永伍一「正伝五木の子守唄」(『中央公論 1962.7』)
2007年8月16日の朝鮮日報Webサイトに「五木の子守歌は「日本のアリラン」」という記事あり。「壬辰・丁酉倭乱の時に日本に強制連行された朝鮮人たちが、熊本県の五木村に定住するなかで、祖国をしのび歌った歌であり、日本で広く歌われる子守歌」という記述あり。

起源に朝鮮との関連について触れていない資料
『子守り唄の誕生 五木の子守唄をめぐる精神史』『熊本宮崎のわらべ歌 日本わらべ歌全集 25』
徳永明義「「五木の子守唄」に想う」(『歴史研究 2000.12』)
西舘好子「西舘好子のにっぽん子守唄紀行(18) 子守娘の悲哀の叫び・五木の子守唄」(『正論 2008.7』)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
伝説.民話[昔話]  (388 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本の子守唄 民俗学的アプローチ』(松永伍一 角川書店 1984)
『子守と子守歌 その民俗・音楽』(右田伊佐雄 東方出版 1991)
『日本民謡大観 九州篇(南部)・北海道篇』(日本放送協会 1980)『日本民謡大事典』(雄山閣出版 1983)
『芸能の科学 10 芸能論考5』(東京国立文化財研究所芸能部 1979)
松永伍一「正伝五木の子守唄」(『中央公論 1962.7』)
キーワード
(Keywords)
民謡-子守唄
五木地方-熊本県
朝鮮半島-朝鮮-韓国
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000054114解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!