このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000053695
提供館
(Library)
愛知学院大学図書館情報センター (3310067)管理番号
(Control number)
日進08S-37
事例作成日
(Creation date)
2009/03/24登録日時
(Registration date)
2009年04月09日 02時10分更新日時
(Last update)
2012年11月15日 15時44分
質問
(Question)
「粘葉装」とは、どのような紙の綴じ方を言うのか。絵か図が見たい。
回答
(Answer)
料紙を半折して重ね合わせ、各紙の折目の外側を糊付けにし、それに表紙を加えたもの。その表紙の加え方は、前後を続けて1枚で包んだものや、
背のみを別紙(または絹)で包み前後各別に表紙を加えたものなどがある。
平安朝以来、帖装としては最も多く行われている装訂である。

下記の資料で写真や図を確認できる。 ※( )内は当館請求記号
●写真
『日本書誌学用語辞典』川瀬一馬著/雄松堂書店/1990/(020.3/051)p.198 
●図
『日本古典籍書誌学辞典』井上宗雄[ほか]編/岩波書店/1999/(020.3/052)p.406 
回答プロセス
(Answering process)
漢和辞典で「粘」をひくと、「粘葉」があり、読みはデッチョウであること、書物の装丁の一種であることがわかる。
書誌辞典で「粘葉」をひき、写真と図を確認する。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
図書.書誌学  (020 7版)
写本.刊本.造本  (022 7版)
参考資料
(Reference materials)
『大修館 新漢和辞典 3訂版』諸橋轍次[ほか]著/ 大修館書店/1999/(813.2/099)p.665 (AJ94251644)
『日本書誌学用語辞典』川瀬一馬著/雄松堂書店/1990/(020.3/051)p.198 写真あり (AJ94057002)
『日本古典籍書誌学辞典』井上宗雄[ほか]編/岩波書店/1999/(020.3/052)p.406 図あり (AJ94238512)
キーワード
(Keywords)
粘葉装
装丁
帖装
書誌学
図書
装訂
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
司書講習生
登録番号
(Registration number)
1000053695解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!