このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000052562
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2008-048
事例作成日
(Creation date)
2008/09/09登録日時
(Registration date)
2009年03月18日 02時11分更新日時
(Last update)
2009年04月04日 15時17分
質問
(Question)
食品の微生物検査方法、なかでも、レトルト食品の無菌試験について記載されている資料が見たい。できれば図、写真が多く掲載されているものがよい。
回答
(Answer)
当館所蔵の食品衛生、食品微生物関係の資料を調べたが、図や写真が使用されており、かつレトルト食品に絞った記述・記載がある資料は見あたらなかった。
以下、参考になると思われる資料を紹介する。
『食品衛生検査指針 微生物編 2004』p126-128に「無菌試験」の方法についての記述あり。
『目で見る食品衛生検査法』の「食品別衛生検査法」p228-に「びん・缶詰食品・レトルトパウチ食品」の項目があり、検査の手順が簡単に述べられている。
『レトルト食品の基礎と応用』 第8章「レトルト食品の製造技術とその品質」p208-「8.5 レトルト食品の品質判定と細菌試験」の節あり。
『レトルト食品 光琳テクノブックス 16』 第6章「レトルト食品の工場管理技術」p206-に「無菌性試験」、第7章「レトルト食品の品質管理技術」p221-に「レトルト食品の微生物安定性」 の節がそれぞれあり。
『レトルト食品の理論と実際』 第7章「レトルト食品の品質測定と細菌試験」のp175-に「レトルト食品の品質測定と細菌試験」があり。
回答プロセス
(Answering process)
その他の調査済み資料
「レトルト食品」の「無菌試験」について直接の記述はないが、関連性があると思われる資料は以下の通り。
『図解食品衛生学実験』「微生物検査の基礎」「各種微生物の検査法」の章あり。図、写真あり。
『HACCP これからの食品工場の自主衛生管理』 第6章「微生物検査」、第8章「製造工程における微生物制御とHACCP」p325-「23 缶詰およびレトルト食品」の項目あり。
『食品の衛生管理 殺菌・滅菌・除菌・静菌技術』 第1章「食品の加熱殺菌 レトルトパウチ食品」p179-「無菌性を確保する上での留意点」の節あり。
『食品微生物の簡便迅速測定法はここまで変わった!』 本書はレトルト食品についての記述ではなく、食品微生物の簡便迅速測定法について図版・図表・写真入りで多種の方法の紹介と解説が記載されている。
その他調査済み・記述なし資料
『原色*食品衛生図鑑 新訂第2版』『現場で役立つ食品微生物Q&A』『レトルト食品を知る』『缶詰入門 缶びん詰・レトルト食品』『フードシステム学全集 5 フードシステムと食品加工・流通技術の革新』
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
衛生学.公衆衛生.予防医学  (498 9版)
食品工業  (588 9版)
参考資料
(Reference materials)
『食品衛生検査指針 微生物編 2004』(厚生労働省 日本食品衛生協会 2004)
『目で見る食品衛生検査法』(春田三佐夫 中央法規出版 1989)
『レトルト食品の基礎と応用』(清水潮 幸書房 2002)
『レトルト食品 光琳テクノブックス16』(堤陽太郎 光琳 1994)
『レトルト食品の理論と実際』(清水潮 幸書房 1979)
『図解食品衛生学実験』(杉谷哲 みらい 1998)
『食品の衛生管理 殺菌・滅菌・除菌・静菌技術』(三■書房 1983)
『食品微生物の簡便迅速測定法はここまで変わった!』(佐藤順 サイエンスフォ-ラム 2002)
キーワード
(Keywords)
食品衛生
衛生試験
食品微生物学
公衆衛生
予防医学
レトルト食品
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000052562解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!