このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000051682
提供館
(Library)
紙の博物館図書室 (4210001)管理番号
(Control number)
090217001
事例作成日
(Creation date)
20110224登録日時
(Registration date)
2009年02月17日 13時40分更新日時
(Last update)
2012年01月14日 11時36分
質問
(Question)
原稿用紙の歴史。文久2年(1862)年に書かれた文書のようなものがあるが、原稿用紙に書かれているように見える。その当時原稿用紙があったのか。
回答
(Answer)
『原稿用紙の知識と使い方』 原稿用紙のあゆみ p27-38 によれば
・原稿用紙の嚆矢は頼山陽(1780-1832)が『日本外史』に用いたもの。
・藤原貞幹(1732-1794)の『好古日録』の原稿が最も古いという説もある。20字×20字のマス目を木版で刷ったものにかかれている。
・幕末の歌人大隈言道は600字詰め木版刷り原稿用紙を用いた。
・吉田松陰は400字詰めの用紙を用いている。
以上から 幕末当時既に原稿用紙は存在していたと考えられると回答した。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
書.書道  (728 9版)
参考資料
(Reference materials)
『原稿用紙の知識と使い方』 松尾靖秋/著 南雲堂 1981(p27-38 原稿用紙のあゆみ)
キーワード
(Keywords)
原稿用紙 
歴史
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000051682解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!