このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000051667
提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
10-2C-200901-02
事例作成日
(Creation date)
2005/07/09登録日時
(Registration date)
2009年02月17日 02時10分更新日時
(Last update)
2011年02月16日 18時34分
質問
(Question)
清国水兵事件に関する資料はないか?
回答
(Answer)
清国水兵事件とは、明治19年8月13日におこった長崎に上陸した清国水兵の暴行事件に始まる騒動。(「読める日本史」(自由国民社刊)による)

「国史大辞典 7」 (吉川弘文館,1986.11)には、「清国水兵暴行事件」(p820)として掲載。下記参考文献の紹介あり。
・「日本外交文書 第20巻 :自明治20年1月~至明治20年12月」 (日本国際連合協会,[1950-51])
   長崎ニ於テ清国水兵暴行一件(p529~597)として、当時の外交文書掲載あり。
・「秘書類纂 10 兵政関係資料」 (伊藤 博文/編 原書房,1978)
「長崎港清艦水兵喧闘事件」収載 (「長崎港清艦水兵喧闘事件」人名索引もあり)
・「世外井上公伝 第3巻」 (井上馨侯伝記編纂会/編  内外書籍,1934)
   第五節 長崎の清国水兵喧闘事件(p718~731)
・「日下義雄伝」(中村孝也著 長谷井千代松 1928) 当館所蔵なし(大阪府立中之島図書館所蔵)

大阪府立図書館蔵の「長崎が出会った近代中国」(海鳥社刊)に、
「北洋艦隊水兵と長崎警察官の殺伐たる争闘」として、p.40~93に清国水兵事件の顛末が詳しく記載されている。

また、「明治ニュース事典 Ⅲ」p.587~「長崎事件」として、清国軍艦「定遠」の水兵の暴行事件から始まる事件記事を掲載。
その他、下記の資料をご紹介した。
・「日本と中国はなぜ戦ったのか」第一部に「長崎で暴れた辮髪水兵」で若干の記述あり。
・「ニュースで追う明治日本発掘 3」(河出書房新社刊)p.273~
・「資料新聞社説に見る朝鮮 3」p.175~
・「秘書類纂 5 明治百年史叢書 第114巻 外交篇 中巻」 (伊藤 博文/編 原書房,1969) 丁汝昌長崎事件ニ付本国ニ通報文二通 掲載あり(p231)
・「人ありて 頭山満と玄洋社」p.148~
・「玄洋社社史」p.408~

また、当館所蔵ないが「法政大学文学部紀要36号」に掲載の「明治19年長崎清国水兵争闘事件」(安岡昭男)も併せて紹介する。

2009.2追加調査 

下記資料も参考になる。
・「日本外交文書 明治年間追補第1冊」(日本国際連合協会 1963)
  第十六編 条約改正談判第二回 長崎事件(p421~422)・第十七編 長崎事件(p4446~470)

当館には未所蔵だが、大阪府立中央図書館所蔵の下記資料にも関連事項あり。
・「山田伯爵家文書」1~8.総目録

さらに、国立国会図書館所蔵の下記資料にも関連事項あり。
・「井上馨関係文書」
・「佐佐友房関係文書」
・「三島通庸関係文書」
回答プロセス
(Answering process)
1.「明治ニュース事典」にて、明治19年8月13日~15日部分を確認、「長崎事件」として掲載されていることを確認。

2.「国史大辞典 7」 (吉川弘文館,1986.11)(p820)には、「清国水兵暴行事件」として掲載。参考文献の紹介あり。

3.当館所蔵資料を調査
  当館所蔵検索 フリーワード“長崎”ד水兵”で検索、分類210.6の棚をブラウジングし、下記資料に記載を発見する。
   ・「ニュースで追う明治日本発掘 3」(河出書房新社,1994) p273-276
   ・「資料新聞社説に見る朝鮮 : 征韓論~日清戦争 3 」(緑蔭書房,1995) p175-176
  ・「秘書類纂 5」(原書房,1969) p231-235
・「人ありて : 頭山満と玄洋社 」(海鳥社,2003) p146-148  
   ・「玄洋社社史」(葦書房,1992) p408
   ・「日本と中国はなぜ戦ったのか」(光人社,2002) 第一部「長崎で暴れた辮髪水兵」  

4.NACSIS WebCat+にて、「長崎事件」で検索
   「長崎が出会った近代中国」がヒット。当館所蔵なしだが、大阪府立図書館での所蔵を確認、現物を取寄せ内容を確認する。

5.商用データベース「MAGAZINEPLUS」(日外アソシエーツ雑誌論文情報)で調査
  「法政大学文学部紀要36号」に掲載の「明治19年長崎清国水兵争闘事件」(安岡昭男)が見つかる。
  当館未所蔵(近隣では大阪大学・大阪市立大学・大阪府立大学所蔵)

2009.2追加調査

レファレンス情報システム(国内の図書館などの情報機関を対象とした限定公開のデータベース)にて調査。

“清国水兵”で検索。3件見つかる。
・「日本外交文書 第20巻 :自明治20年1月~至明治20年12月」 (日本国際連合協会,[1950-51])
  長崎ニ於テ清国水兵暴行一件(p529~597)として、当時の外交文書掲載あり。
・「事件・犯罪 : 日本と世界の主要全事件総覧」改訂新版(教育社 1993.4)(p171)  概要説明あり。
・「三島通庸関係文書目録 憲政資料目録 第11」 国立国会図書館,1977 当館所蔵なし(大阪府立中央・中之島図書館所蔵 )
  警視庁関係として、「清国水兵ニ対スル求刑書 林誠一(長崎控訴院検事長) 清国領事宛 明治一九年八月二四日 一綴」が掲載されている 
  三島通庸関係文書は、国立国会図書館所蔵。
  詳細は、 http://www.ndl.go.jp/jp/data/kensei_shiryo/kensei/mishimamichitsune.html 参照。(2009.2.16確認)

“長崎事件”で検索。11件見つかる。うち、清国水兵事件のことと思われる資料は下記の通り。
・「日本外交文書 明治年間追補第1冊」 (日本国際連合協会 1963)
  第十六編 条約改正談判第二回 長崎事件(p421~422)・第十七編 長崎事件(p4446~470)
・「井上馨関係文書目録 憲政資料目録 第10」 (国立国会図書館,1975)
  書簡の部一二四、中田敬義 明治二〇年一月一四日 平信 長崎事件憤慨 あり(p158) 
   井上馨関係文書は、国立国会図書館所蔵。
   詳細は、 http://www.ndl.go.jp/jp/data/kensei_shiryo/kensei/inouekaoru.html 参照。(2009.2.16確認)
・「佐佐友房関係文書目録 憲政資料目録 第6」 (国立国会図書館,1969.1)
  井上毅書翰に、明治一九年九月一二日二号 友枝諷諭無根ナリ二宮清徴死亡ノ件 前一書発信ノヨシナレド未着
  徳富ト面話 長崎事件ハ騒ギ立テヌガヨシ あり(p7)
   佐佐友房関係文書は、国立国会図書館所蔵。
   詳細は、 http://www.ndl.go.jp/jp/data/kensei_shiryo/kensei/sassatomofusa1.html 参照。(2009.2.16確認)
・「秘書類纂 5 明治百年史叢書 第114巻 外交篇 中巻」 (原書房,1969)
  丁汝昌長崎事件ニ付本国ニ通報文二通 掲載あり(p231)
・「三島通庸関係文書目録 憲政資料目録 第11」 国立国会図書館,1977 当館所蔵なし(大阪府立中央・中之島図書館所蔵 )
  長崎事件関連記事は多数掲載されている。 
  三島通庸関係文書は、国立国会図書館所蔵。(目録も下記サイト上で公開されている) 
  詳細は、 http://www.ndl.go.jp/jp/data/kensei_shiryo/kensei/mishimamichitsune.html 参照。(2009.2.16確認)
・「山田伯爵家文書1 宮内庁書陵部蔵筆写本」(日本大学 1991.6-1992.8)(当館所蔵なし)
  四九 西岡 逾明書簡 山田顕義宛 明治一九年九月一四日 長崎事件ヲ報ズル件 掲載あり。
・「山田伯爵家文書2 宮内庁書陵部蔵筆写本」(日本大学 1991.6-1992.8)(当館所蔵なし)
  二五五  伊藤博文書簡 山田顕義宛 明治一九年八月二三日 長崎事件ハ李鴻章モ平和ヲ希望スルノ件 掲載あり。
 (「山田伯爵家文書」1~8.総目録は、大阪府立中央図書館所蔵)
事前調査事項
(Preliminary research)
「読める日本史」の索引にて「清国水兵事件」を確認。明治19年8月13日~15日に起こった事件ということがわかる。
NDC
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
「長崎が出会った近代中国」海鳥社,2006 ISBN 4-87415-593-6(大阪府立図書館蔵)
「読める年表・日本史 改訂第9版」自由国民社,2006 ISBN 4-426-69109-5(当館書誌ID:0011177460)
「国史大辞典 7」 吉川弘文館,1986.11 ISBN 4-642-00507-2(当館書誌ID:0000166997)
「日本外交文書 第20巻 :自明治20年1月~至明治20年12月」 日本国際連合協会,[1950-51](当館書誌ID:0080315014)
「秘書類纂 10 兵政関係資料 明治百年史叢書 第119巻」伊藤 博文/編 原書房,1978 (当館書誌ID:0080045960)
「世外井上公伝 第3巻」 井上馨侯伝記編纂会/編  内外書籍,1934(当館書誌ID:0000472382)
「明治ニュース事典 3」毎日コミュニケーションズ,1984 ISBN 4-89563-105-2(当館書誌ID:0080088087)
「ニュースで追う明治日本発掘 3」 河出書房新社,1994.10 ISBN 4-309-72323-3(当館書誌ID:0000416358)
「日本と中国はなぜ戦ったのか」光人社,2002 ISBN 4-7698-1038-5(当館書誌ID:0010227658)
「資料新聞社説に見る朝鮮 : 征韓論~日清戦争 3 」緑蔭書房,1995 (当館書誌ID:0000531681)
「秘書類纂 5」原書房,1969 (当館書誌ID:0080045955)
「人ありて : 頭山満と玄洋社 」海鳥社,2003 ISBN 4-87415-445-X(当館書誌ID:0010553582)
「玄洋社社史」葦書房,1992 ISBN 4-7512-0453-X(当館書誌ID:0000301699)
「事件・犯罪 : 日本と世界の主要全事件総覧」改訂新版 教育社 1993.4 ISBN 4-315-51314-8(当館書誌ID:0000312649)
「日本外交文書 明治年間追補第1冊」 日本国際連合協会 1963(当館書誌ID:0080290211)
商用データベース「MAGAZINEPLUS」(日外アソシエーツ雑誌論文情報)
キーワード
(Keywords)
清国水兵事件
長崎事件
長崎清国水兵事件
清国水兵暴行事件
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000051667解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!