このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000051666
提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
10-3A-200901-02
事例作成日
(Creation date)
2009/01/26登録日時
(Registration date)
2009年02月17日 02時10分更新日時
(Last update)
2010年04月21日 16時32分
質問
(Question)
大阪市中央区谷町六丁目に「観音坂」という石碑があるが、この坂の名称の由来は?
回答
(Answer)
かつて、「和勝院」という寺があり、本尊が観音菩薩であったため。(「大阪府全志2」)
境内には藤棚があり、見事な藤の花が咲いたため、「藤の棚観音」とも呼ばれる名所であった。
観音と藤の組み合わせを称えた「観音の庭に咲たる 藤の花 とりもなおさず 花の瓔珞(ようらく)」の歌がある。
藤については、子どもが池で溺死し、それを悼んで子が好きだった藤の花を池のそばに植えて弔ったのが由来である。(「蘆分船」第四他)
回答プロセス
(Answering process)
1.坂道という観点より、当館所蔵の街道関連の資料を調査
  「大阪市の旧街道と坂道:増補再版」
   p188 観音坂の由来と、「藤の棚観音」とも呼ばれる藤の名所であったことが記載
   p199 現在の観音坂の位置(中央区の地図)掲載

2.大阪に関する索引類で調査.
 1)「浪速叢書索引」(大阪に関する典籍類の叢書)で、“藤棚”・“谷町”を調査
   →「蘆分船」第四に、「藤棚 谷町」の項あり。愛児が池で溺死し、それを悼んで親が藤を植えた、と、藤の由来があり。
   →「藤之棚」「摂津名所図会大成」巻の二にも同様の記述あり。
 2)「日本名所風俗図会10 大阪」より「藤棚観音」→「摂津名所図会」巻の四
 3)「大阪府全志」索引より「大阪府全志2」p527に「藤の棚観音」の項あり。
                              「坂名は同院(和勝院)観音のありしより起れるならん」
 4)「東区史」・「新修大阪市史索引」・「大阪府の地名」→観音坂、和勝院、藤棚観音 なし
 5)大阪春秋総目次・索引集( http://homepage3.nifty.com/osaka-web-museum/index-top-shunjyu.htm )より
→「観音坂」「藤の棚観音」で「大阪春秋」2 p110-111 観音坂の由来等あり

3.中之島図書館大阪文献データベース( http://refdb.library.pref.osaka.jp/cdb0100.asp )→「和勝院=観音坂」で1件あり。
 1)雑誌「上方」99号p25- 「藤の棚観音を談る」谷町の藤と藤棚観音について、明治期から
 2)昭和13年・箕面市への移転までの流れが記述されている。

4.Googleで“谷町”ד観音坂”をキーワードに検索
  上町台地情報紙「うえまち」HPに、大阪歴史博物館学芸員が書いた「谷町の観音」の」記事を見つける。  
  和勝院の境内の藤は、江戸時代に出版された「名木浪花津」という大阪の名木名花の本にも
  「観音の庭に 咲たる 藤の花 とりもなおさず 花の瓔珞(ようらく)」の歌を添えて紹介されている、とのこと。

5.「名木浪花津」の所蔵館を調査
  →当館所蔵なし
  →国書総目録なし
  →国会デジタルアーカイブなし
  →「大阪出版書籍目録 享保以後」 書名索引には「名木波花津」なし
  →4の記事を書いたのが大阪歴史博物館学芸員
    「大阪市立の博物館・美術館情報」( http://www.museum.city.osaka.jp/index.html )で収蔵品検索するが、見つからず
    大阪歴史博物館に電話で確認したところ、「名木浪花津」は大阪歴史博物館の所蔵品であるとのこと。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
近畿地方  (216 9版)
参考資料
(Reference materials)
「大阪市の旧街道と坂道 増補再版」 旧街道等調査委員会/編(大阪市土木技術協会、1987.3、当館書誌ID 0000250661)
「浪速叢書 第12 地誌 其1」船越 政一郎/編纂校訂(浪速叢書刊会、1930、当館書誌ID 0000329735) 「蘆分船」収録
「摂津名所図会大成 其之一」暁 鐘成/著 松川 半山/画 (柳原書店、1976、 ISBN(set) 4-8409-0006-9 当館書誌ID 0000157047)「摂津名所図会大成」巻の二 収録
「摂津名所図会 上」 秋里 籬島/著 原田 幹/校訂 (臨川書店、1974、当館書誌ID 0080191209)
「上方 郷土研究 第97~102号」 上方郷土研究会/編 (創元社、1939、当館書誌ID 0080254387)
「日本名所風俗図会 10 大阪の巻」森 修/編 (角川書店、1980.6、当館書誌ID 0070069514)
「大阪府全志 巻之2」井上 正雄/著(清文堂、1985、ISBN 4-7924-0271-9、当館書誌ID 0000172307)
「摂津名所図会 上」秋里 籬島/著 原田 幹/校訂(臨川書店、1974、当館書誌ID 0080191209)「摂津名所図会」巻の四 収録
雑誌「うえまち」HPより「うえまち今昔(9) 谷町の観音」 http://www.machi-sumai.com/uemachi/back-no/kiji/0507kiji/0507sonota-kiji.htm (2009.2.11確認)
キーワード
(Keywords)
観音坂
和勝院
藤の棚観音
藤棚観音
大阪市中央区
谷町
照会先
(Institution or person inquired for advice)
大阪歴史博物館 http://www.mus-his.city.osaka.jp/( 2009.2.14確認)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000051666解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!