このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000051536
提供館
(Library)
京都府立京都学・歴彩館 (2110022)管理番号
(Control number)
京資-089
事例作成日
(Creation date)
2008/12/12登録日時
(Registration date)
2009年02月11日 02時10分更新日時
(Last update)
2009年02月16日 11時47分
質問
(Question)
昭和30年以前に京都で寿司屋が営業するに当たり、客が米を持参したというが、そのことについて知りたい。
回答
(Answer)
京都府公報によると、昭和23年12月14日に規則が定められ、昭和24年1月28日にすしの加工料金が定められた。
また、『すしと五十年』p118~119に当時のすし加工賃が記載されている。
回答プロセス
(Answering process)
インターネットで「寿司 戦後」を検索すると、昭和22年頃に東京で委託加工業ということで、営業が許可されたということがわかった。
京都の食品、料理の資料を見ていくと、『すしと五十年』に、昭和24年1月28日付で京都でも認可されたとあり、当時の加工賃も載っていた。
また、京都府公報で告示・規則等を見ると、、第2238号(昭和23年12月14日)に「京都府主要食糧賃加工取締規則(京都府規則第99号)」が、第2249号(昭和24年1月28日)に「すしの委託加工料金統制額(京都府告示第49号)」が載っていた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
食品.料理  (596 9版)
参考資料
(Reference materials)
『すしと五十年』 荒木信次著刊 1976 207p (当館請求記号K/596.2/A62)
「京都府公報」 第2238号 1948.12.14
「京都府公報」 第2249号 1949.1.28
キーワード
(Keywords)
寿司
委託加工
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000051536解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!