このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000051382
提供館
(Library)
同志社大学 今出川図書館 (3310014)管理番号
(Control number)
2009-014
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2009年02月05日 09時18分更新日時
(Last update)
2011年02月10日 15時37分
質問
(Question)
1912(大正元)年頃の朝日新聞に「猫婦人」または「Cat夫人」の記事があれば見たい。
1911(明治44)年頃、アメリカからMrs. Catが来日。女性参政権の問題で、津田梅子らと会っている。
その記事は読売新聞DBで確認(1912(大正元)年10月22日)できたが、朝日新聞でも同様の記事がないか確認したい。
回答
(Answer)
『東京朝日新聞』の1912年10月19日5面に「キャット婦人」についての記事がありました。
ご参考までに、1912年10月23日の『東京日日新聞』にも関連記事があります。
回答プロセス
(Answering process)
1. 『東京朝日新聞』復刻版で、1912年10月22日前後の記事をパラパラと見るが「猫婦人」または「Cat婦人」の文字見つからず。

2. 質問内容を確認するため、1912年10月22日の読売新聞記事を「読売新聞(明治・大正・昭和)」DBで検索。
朝刊の3面に、「猫夫人の足跡」という記事があるのを確認。「Cat」の綴りは「ケャット」となっていた。

3. 「Cat婦人」について調べる。読売新聞の記事から「萬國婦人参政権運動會長」であるということが分かったので、
Googleで、キーワードに「ケャット」、「婦人参政権運動」と入れて検索するが有益な情報なし。
「ケャット」を「キャット」に変えて検索。トップに出てきたページ「ケペル先生のブログ: セネカ・フォールズ会議と婦人運動」
  ( http://shisly.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/post_26a1.html [last access: 2009.02.05])中に、
キャットの名前が一度だけ出てくる。

4. このページ自体の信頼性は不明なので、典拠として挙げられていた『アメリカを知る事典』を見てみる。
索引で「キャット」「Cat」を調べるがなかったので、「婦人参政権運動」のページ(p. 419)を見る。
「キャット」の名前が”Carrie C. Catt”であることが分かる。

5. この綴りをもとに” Biography Resource Center”のデータベースで検索すると、
フルネームがCarrie Chapman Catt (Carrie Clinton Lane Chapman Catt)ということが分かった。
またその他詳細な活動経歴も分かる。しかし日本での活動については触れられてなかった。

6. 日本での活動を調査するため、『日本女性運動資料集成』にあたってみる。
別巻の人名索引で「キャット」を調べると、「キャット、キャリー・チャップマン」としていくつか掲載頁あり。
その内、第1巻p249~250に、1912年10月23日『東京日日新聞』中の
「日本へも近頃婦人参政権連合会長を名乗るキアツト嬢といふのが来て・・・」という記載のある記事が収録されていた。

7. 1912年10月20日前後に日本の複数の新聞社がキャットを記事に取り上げていたことが裏付けられたので、
再度『東京朝日新聞』復刻版を、「婦人参政権」や「キャット」というような言葉で見直してみることにする。
   →1912年10月19日の5面に、「婦人参政権演説會」という見出しの記事の中に
     「カアリイ、チヤプマン、キャット夫人」の名前発見。

事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『東京朝日新聞』復刻版(東京 : 日本図書センター , 1988―) (大今図 3階南書庫 P071||T14 )
『アメリカを知る事典』新訂増補版(東京 : 平凡社 , 2000.1) (大今図 参考室 295.303||S412-1C)
『日本女性運動資料集成』(東京 : 不二出版 , 1993.11-1998.12) (大今図 3階北書庫 367.21||S737)
キーワード
(Keywords)
新聞記事
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000051382解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!