このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000051320
提供館
(Library)
同志社大学 今出川図書館 (3310014)管理番号
(Control number)
2009-010
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2009年02月02日 10時56分更新日時
(Last update)
2011年02月10日 15時17分
質問
(Question)
『同志社五十年裏面史』p244にあるヒッチコック氏が原田助氏に
送った書簡(1907.02.27)の現物を探しています。
回答
(Answer)
図書館所蔵資料内には見つかりませんでした。
(その後、社史資料センターと利用者のやり取りが続き、最終的には
「アーモスト大学に問合わせられてはいかがでしょうか」と提案して終了されたそうです。)
回答プロセス
(Answering process)
1.『同志社五十年裏面史』を確認。p243-245に「アーモスト大學教頭の祝詞」あり。
原田助氏が同志社第7代社長に就任する際の祝詞。
p245に「千九百七年二月二十七日」の日付と「エドワード・ヒチコック」の名前確認。
→ 所在情報なし。

2.『同志社時報』第32号(1907.05.25)のp5にも「アマスト大學教頭の祝詞」として同文掲載。
→ 所在情報なし。

3.図書館資料内にはなさそうだったので、社史資料センターに再度問い合わせる。
同センター調べによると「Edward Hitchcockは父と息子が同名。
1907年なら息子の時代。アーモスト大学にヒチコックボックスというものがあるので、
デジタルアーカイブで検索したが、ヒットしない。」

4.社史資料センターの調べを受け、Edward Hitchcock(息子)から調査。
”Five College Archives & Manuscript Collections”
( http://asteria.fivecolleges.edu/index.html [last access: 2009.01.29])から、
”Amherst College Archives & Special Collections”
→”Hitchcock, Edward, 1828-1911:
Edward and Mary Judson Hitchcock Family Papers, 1840-1962 (Bulk: 1850-1911)”
→”Biographical Note”。
この「Biographical Note」を見ると、Edward Hitchcock(1828-1911)は、
ちょうど1907年にアーモスト大学の教頭であることが分かる。
しかし、このコレクション内にも探している書簡はなかった。

5.次に原田助氏を調査。『同志社山脈 : 113人のプロフィール』の「原田助」の項(p18)を見るが、関連情報なし。
『原田助遺集』にも関連情報なし。
その他原田氏に関する図書館所蔵資料をあたってみるが、関連情報なし。

6.社史資料センターの方で、もう少し調査してみるということで、図書館での調査はここで終了。
その後、社史資料センターと利用者のやり取りが続き、
最終的には「アーモスト大学に問合わせられてはいかがでしょうか」と提案して終了したとのこと。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
青山霞村著『同志社五十年裏面史』(京都 : からすき社 , 1931.7) (大今図 B1階書庫 099.02||A-1A )
『同志社時報』第32号(1907.05.25) (大今図 3階南書庫 P099||D13 )
原田健編『原田助遺集』(京都 : 河北印刷(印刷) , 1971) (大今図 B1階書庫 198.72||H2 )
キーワード
(Keywords)
同志社関係
ハラダ, タスク
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
大学教員
登録番号
(Registration number)
1000051320解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!