このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000051145
提供館
(Library)
同志社大学 今出川図書館 (3310014)管理番号
(Control number)
2009-003
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2009年01月26日 14時06分更新日時
(Last update)
2011年02月10日 16時10分
質問
(Question)
昭和3年に発表され、藤原義江(歌手)が歌った「出船の港」と「鉾ををさめて」という歌は2曲とも時雨音羽氏が作詞。
この時雨音羽氏の略歴が知りたい。(時雨音羽氏は同志社卒業生)
回答
(Answer)
利尻町のHP上で時雨音羽氏の年譜が公表されています。
回答プロセス
(Answering process)
1.Googleで「時雨音羽」と入れ検索。
ウィキペディアなどのサイトで簡単な説明は入手できたが、信頼性は低く、情報量も不十分。

2.「時雨音羽」と「略歴」、「時雨音羽」と「略年譜」・・・など掛け合わせ検索をしていくと、
「略年譜」との掛け合わせで「時雨音羽年譜」というエクセルファイルがヒット。
開くと、2009年1月26日に更新された内容で1898年~1981年までをカバーした略年譜。
提供元を調べると、北海道の利尻町役場( http://town.rishiri.jp/) であったため、信頼度もかなり高い。
利尻町のHPでは、この年譜の他に「時雨音羽作詞リスト」「時雨音羽書籍・新聞記事目録」もエクセルファイルで公開されている。
(アクセス手順:利尻町HPトップ画面左横「資料ダウンロード」ボタン→「資料・統計」フォルダ
→「歴史」フォルダ→上から三つ目のエクセルファイルが「時雨音羽年譜」)

3.その他、「JapanKnowledge」の「日本人名大辞典」や人物データベースの「WHOPLUS」
で検索しても簡単な学歴や経歴であれば入手可。

「WHOPLUS」内の「人物レファレンス事典(日本)」には、
「時雨音羽」について掲載記事のある事典が紹介されているので、
利尻町の年譜では情報が不足だった場合は、それらを参照することも出来る。
『現代人名情報事典』、『現代日本朝日人物事典』、『現代日本人物事典』、『講談社日本人名大辞典』、
『新潮日本人名辞典』、『日本近代文学大事典』、『日本芸能人名事典』、『日本児童文学大事典』。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (281 9版)
参考資料
(Reference materials)
『現代人名情報事典』(東京 : 平凡社 , 1987.8) (大今図 参考室 280.3||G5)
『現代日本朝日人物事典』(東京 : 朝日新聞社 , 1990.12) (大今図 参考室 281.03||A4)
『現代日本人物事典 : 20世紀Who's who』(東京 : 旺文社 , 1986.11) (文学部 研究室 280.3||G4)
『講談社日本人名大辞典』(東京 : 講談社 , 2001.12) (大今図 参考室 281.03||K9477)
『新潮日本人名辞典』(東京 : 新潮社 , 1991.3) (大今図 参考室 281.03||S18)
『日本近代文学大事典』(東京 : 講談社 , 1977.11-1978.3) (大今図 参考室 910.3||N7)
『日本芸能人名事典』(東京 : 三省堂 , 1995.7) (大今図 参考室 703||K737)
『日本児童文学大事典』(東京 : 大日本図書 , 1993.10) (大今図 参考室 909||O477)
キーワード
(Keywords)
しぐれ, おとは
しぐれ, おとわ
同志社関係
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000051145解決/未解決
(Resolved / Unresolved)