このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000051049
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2008-054
事例作成日
(Creation date)
2008/07/08登録日時
(Registration date)
2009年01月23日 02時12分更新日時
(Last update)
2009年01月27日 13時17分
質問
(Question)
①1バレルは何リットルか。②バレルはどこの国の単位(言葉)で、どのように成立しているのか。
回答
(Answer)
①159リットル。②バレルはヤード・ポンド法の体積の慣用単位であり、ヤード・ポンド法はイギリス固有の単位系で、またアメリカなどアングロ・サクソン諸国とその旧植民地に用いられている。どのように成立したかについては、当初原油をバレル(樽)で運んだという歴史に由来する。
回答プロセス
(Answering process)
『知られていない原油価格高騰の謎』p42-44「バレルって何?」に、「(前略)ピッツバーグまでは馬車で運んだそうである。原油価格が『1バレル=○○ドル』という風に表示されるのは、当初、原油をバレル(樽)で運んだという歴史による。1バレルは0.159キロリットル(=159リットル)である。」とあり。
『石油年鑑 1989』p395「石油の単位」に「バレルは0.159kl」とあり。
『日本大百科全書 19』p204〈バレル〉に、「ヤード・ポンド法の体積の慣用単位」とあり。
『日本大百科全書 23』p190〈ヤード・ポンド法〉に、「イギリス固有の単位系で、また、アメリカなどアングロ・サクソン諸国とその旧植民地に用いられている」「古代オリエントに発生したものが、ギリシア、ローマ時代を経て変化し、雑多な単位も混じってイギリスに入り定着した」とあり。
『岩波英和大辞典』p137〈barrel〉に、「(胴のふくれた)たる」とあり。

事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
度量衡.計量法  (609 9版)
参考資料
(Reference materials)
『知られていない原油価格高騰の謎』(芥田知至 技術評論社 2006)
『石油年鑑 1989』(日本経済研究社 1989)
『岩波英和大辞典』(岩波書店 1970)
『日本大百科全書 19』(小学館 1988)
『日本大百科全書 23』(小学館 1988)
キーワード
(Keywords)
単位-バレル
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000051049解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!