このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000051017
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2008-037
事例作成日
(Creation date)
2008/05/20登録日時
(Registration date)
2009年01月23日 02時11分更新日時
(Last update)
2009年01月27日 13時14分
質問
(Question)
ヘルマンヘッセの3人目の妻、ニノン・アウスレンダーの生まれたハプスブルク君主国のクローソラント地方の州部チュルノヴィッツ(現ウクライナ領)を含む1895年頃の地図がみたい。
回答
(Answer)
以下の資料を紹介する。
『ハプスブルク帝国史 中世から1918年まで』(刀水書房 1989)の巻末「19世紀ハプスブルク帝国」にチェルノヴィツあり。
『図説ハプスブルク帝国衰亡史 千年王国の光と影』(原書房 1996)付表 全体図にチェルノヴィツ(チェルネウーチ)」あり。
『ロシア 地図で読む世界の歴史』(河出書房新社 1999)p117 バルザック作戦(1914-1942年)にチェルノヴィツあり。
回答プロセス
(Answering process)
『東欧を知る辞典』(平凡社 1993)を〈チュルノヴィッツ〉や〈クローンランド〉で検索するが、該当なし。『世界地名大辞典 2』(朝倉書店)を〈チュルノヴィッツ〉で検索するが該当なし。
《Whoplus》を〈ニノン〉〈ニノン アウスレンダー〉で検索するが、該当なし。
歴史地図を調査。〈世界歴史地図〉〈ハプスブルク帝国〉〈ウクライナ〉〈ロシア〉などをキーワードに検索。
『ラルース世界歴史地図』『ヨーロッパ歴史地図』に〈チェルノフチ〉や〈チェルノヴィツ〉の記載はあるが、年代が異なる。
『ハプスブルク帝国史』『図説ハプスブルク帝国滅亡史』『ロシア 地図で読む世界の歴史』に掲載されている地図の年代が求めているものに該当した。
事前調査事項
(Preliminary research)
同人誌「りべるたす」に「ニノンとヘルマンヘッセ」という論文の掲載あり。その中にニノンが1909年に14才であった、という記述があり、また、250年間オスマントルコに属していたという記述も出てくるので1895年頃にはオスマントルコ領であったと思われる。
NDC
ヨーロッパ  (293 9版)
参考資料
(Reference materials)
『ハプスブルク帝国史 中世から1918年まで』(ゲオルク・シュタットミュラー 刀水書房 1989)
『図説ハプスブルク帝国衰亡史 千年王国の光と影』(アラン・スケッド 原書房 1996)
『ロシア 地図で読む世界の歴史』(ジョン・チャノン 河出書房新社 1999)
キーワード
(Keywords)
ロシア-歴史
地図
ハプスブルク帝国
チュルノヴィッツ-クローソラント-ウクライナ
Hesse Hermann(ヘッセ ヘルマン)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
地名
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000051017解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!