このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000050822
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M08081013542208
事例作成日
(Creation date)
2008/06/15登録日時
(Registration date)
2009年01月18日 02時20分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
岡山県で産出する銅について教えて欲しい。
回答
(Answer)
『岡山の鉱物』のp.98に「「シゼン銅(自然銅)元素鉱物」岡山県では,川上郡吉岡鉱山,倉敷市帯江鉱山,総社市大笹鉱山,岡山市剣山などに産出した。」とある。また,『岡山県地学のガイド』のp.241に「(2)岡山県産のおもな鉱物と産地 自然銅 川上郡吉岡鉱山,総社市大笹鉱山 産出量△」とある。「吉岡鉱山」については,『岡山の地学』のp.266に「吉岡鉱山 吹屋銅山の名でも知られ,古生層中の黄銅鉱脈を主とする鉱床。古く平安時代に始まり,徳川時代に吉岡鉱山と改称した。最盛期は明治末から大正の中ごろで,粗銅月産130トンを生産した。現在は閉山中で,精錬跡やずりが随所に見られる。吹屋にある笹畝坑道跡は,内部が整備され見学できるようになっている。」とある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
鉱物学  (459 9版)
参考資料
(Reference materials)
沼野忠之著『岡山の鉱物』岡山文庫92 日本文教出版株式会社,1975,173p.参照はp.98,光野千春,沼野忠之監修,沼瀬重人編『地学のガイドシリーズ 岡山県地学のガイド』コロナ社,1975,252p.参照は241p.光野千春,沼野忠之,高橋達郎著『岡山の地学』山陽新聞社,1982,337p.参照はp.266
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2008081013572942208
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢, 高校生
登録番号
(Registration number)
1000050822解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!