このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000050800
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M08111913172529
事例作成日
(Creation date)
2008/06/01登録日時
(Registration date)
2009年01月18日 02時10分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
紙芝居(かみしばい)はいつ出来たのですか?
回答
(Answer)
『昔の子どものくらし事典』では、「紙芝居は、元は紙人形をつかったお芝居で「立ち絵」と呼ばれました。明治時代にはじまりましたが、すべての登場人物(とうじょうじんぶつ)をひとりで動かす技術(ぎじゅつ)が必要だったために、だんだんにすたれました。今の形の紙芝居が登場したのは、1930年(昭和5年)。」と書かれている。また、『ジュニア日本の歴史事典』でも、「明治時代の中ごろ、紙で作った人形をうごかしながら語る立ち絵が演じられた。それが1929年ごろより、紙に描(えが)かれた絵を見せる演芸(えんげい)に変っていった。」と説明されていることから、1929年、1930年頃に始まったと思われる。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
本間昇監修『昔の子どものくらし事典』岩崎書店,2006,175p.参照はp.84-85. 歴史教育者協議会編『ジュニア日本の歴史事典』岩崎書店,2005,476p.参照はp.107-108. 宮田利幸監修『日本人の20世紀・くらしのうつりかわり5』小峰書店,2000,47p.参照はp.26-27. 佐藤能丸監修『日本の生活100年の記録3』ポプラ社,2000,45p.参照はp.12-13. 『写真と作文でつづる 昭和の子どもたち4』学研,1986,176p.参照はp.28-29.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2008111913142872529
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
小学生(高学年)
登録番号
(Registration number)
1000050800解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!