このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000050006
提供館
(Library)
広島県立図書館 (2110011)管理番号
(Control number)
広県図20080053
事例作成日
(Creation date)
2005年12月07日登録日時
(Registration date)
2008年12月25日 18時10分更新日時
(Last update)
2010年02月14日 11時47分
質問
(Question)
昭和9年1月1日に開設された広島文理科大学附属博物館について参考文献を探している。

回答
(Answer)
参考資料(1)年表に大正4.11.10「教育博物館の記念開館をなす」(p366),昭和9.1.1「本学
附属教育博物館規程を定め同日開設す」(p380)の記述があります。
参考資料(2)広島文理科大学建物配置図には博物館の表示があります。
参考資料(3)巻頭に「永懐閣」,「永懐閣階上」,「永懐閣 教育博物館」の写真があります。
他にも,参考資料のとおり関係記述があります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
博物館  (069 9版)
大学.高等.専門教育.学術行政  (377 9版)
参考資料
(Reference materials)
(1)『創立四十年史:広島文理科大学 広島高等師範学校』[広島文理科大学/編] 第一書房 1982(復刻版:原本は 広島文理科大学 1942年刊) (p186~191 大正時代における教育博物館建設の企画から開館,運営等に関する記述あり。p290~291 昭和9年の教育博物館開設,戦前の事業に関する記述あり。p262~263 文理科大学開講当初の大学開校当初の学舎に関する記述あり。)
(2)『広島文理科大学創立五十周年』広島文理科大学創立五十周年記念事業会/編 1980 (p9 広島文理科大学建物配置図 p16 教育博物館の開設 p53 年表 昭和9.1.1)
(3)『尚志会創立八十周年記念』尚志会 1987 (p268~272 永懐閣の建設と教育博物館)
(4)『追懐:広島高等師範学校創立八十周年記念』広島高等師範学校創立八十周年記念事業会/編 広島高等師範学校創立八十周年記念事業会 1982 (p39~40 教育博物館 p88 年表 大正4年11.10 附属教育博物館が開設された 大正5年9.29 「附属教育博物館規程」制定 大正9年2.17 教育博物館内にペスタロッチ室を設けた )
(5)『永懐:廣島高等師範學校創立五十年史』廣島高等師範學校/編 [廣島高等師範學校] 1951 (p21 「永懐閣 教育博物館」 「永懐閣貴賓室」写真あり )
(6)『広島県博物館簡史』倉橋清方/[著] 1991(国学院大学博物館学紀要 第15輯(抜刷)) (p18~19 大正4年11月14日の「芸備日日新聞」の記事を元にした開館時の状況(補注による)を記載。「1942年以降廃館されたことになっている」との記述あり。)
(7)『中国新聞』大正1.11.14 (「教育博物館開館式」の記事あり。)
キーワード
(Keywords)
広島文理科大学
教育博物館
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000050006解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決