このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000049987
提供館
(Library)
広島県立図書館 (2110011)管理番号
(Control number)
広県図20080045
事例作成日
(Creation date)
2008年07月02日登録日時
(Registration date)
2008年12月25日 15時04分更新日時
(Last update)
2010年02月14日 11時49分
質問
(Question)
昭和40年頃の血液製剤にはどのようなものがあったか知りたい。
回答
(Answer)
1967年刊行の参考資料(1)には「薬効別分類索引」がある。
本文に「フィブリノーゲン」の項目あり。
参考資料(2)によると「フィブリノゲンは血液製剤の種類のうち血漿分画製剤に含まれる」との説明あり。
参考資料(3)の「生物学的製剤基準(血液製剤のみ)告示の変遷(S25~S49)では,「人血漿フィブリ
ノゲン乾燥S39新規告示」とあり。
昭和39年5月23日の官報「厚生省告示227号」に「人血漿フィブリノゲン(乾燥)基準を次のように
定める」とあり。

回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
臨床医学.診断.治療  (492 9版)
参考資料
(Reference materials)
(1)『最新薬剤便覧』真下啓明/[ほか]編 医学書院 1967 (p548 フィブリノーゲン-ミドリ(ミドリ十字) p860 3433血液および体液用薬 p861 34634血液製剤類)
(2)『医科学大事典 13』武見太郎/編集主幹 講談社 1982 (p119~121 血液製剤)
(3)『血液事業の現状』厚生省薬務局生物製剤課/編集 厚生省薬務局生物製剤課 1981 (p24~25 第9表 生物学的製剤基準(血液製剤のみ)告示の変遷)
キーワード
(Keywords)
血液製剤
フィブリノゲン
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000049987解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決