このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000049639
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2008-026
事例作成日
(Creation date)
2008/06/06登録日時
(Registration date)
2008年12月11日 02時11分更新日時
(Last update)
2009年01月06日 14時36分
質問
(Question)
曽利田という姓の出自について知りたい。どこから出た姓なのか。その本家姓や変遷の理由は何か。多い地域はあるのかなど。
回答
(Answer)
「曽利田」姓の由来や多い地域等について記述されている資料は見つからなかった。難読稀少事典等に「曽利田(曾利田)」は見られるが、解説はなし。
関連情報として「反田」姓や「ソリ」という地名については、「反田とは傾斜地にある田」(『日本名字家系大事典』)「反田は傾斜地の田や焼畑を意味する」(『角川日本姓氏歴史人物大辞典 19 山梨県』)という記述や、「ソリ、ソレとは、(焼畑を)毎年連続耕作しないで、数年ごとにソラシ、ハズシて休閑させるという意味の語か」(『地名語源辞典』)という記述をあわせて紹介する。
回答プロセス
(Answering process)
苗字と地名の両方から探索し以下を紹介する。
1 「曽利田(曾利田)」という姓の記載があった資料
『難読稀少名字大事典』『難読稀姓辞典』『実用難読奇姓辞典 増補新版』『日本苗字大辞典 表音編』『日本苗字大辞典 表記編』

2 「曽利田」という地名の記載があった資料
『角川日本地名大辞典 7 福島県』 4つの村の小字一覧にあり。
『角川日本地名大辞典 5 秋田県』 1つの村の小字一覧にあり。

3 「反田」に関する記述(「曽利田」も「反田」の表記の一つと言及しているサイトがあったため関連調査)
『日本名字家系大事典』〈反田 そりた〉に「反田とは傾斜地にある田を指し、甲斐国山梨郡反田(山梨県塩山市)発祥の反田氏が知られる。現在でも塩山市には反田姓が多い。」とあり。
『角川日本姓氏歴史人物大辞典 19 山梨県』〈反田〉に「石見などにもある地名姓(中略)反田は傾斜地の田や焼畑を意味する」とあり。
『多姓と難読姓から見た東北人の名字』「福島県の難読姓」「宮城県の難読姓」に反田姓あり。
『地名苗字読み解き事典』〈反町(そりまち)〉に、反町の類姓として反田の記述あり。
『地名語源辞典』〈そり、それ-反・草里・楚里〉に、「反田(新潟県見附市)、反町、そのほか草里、楚里、曾利などの地名が各地にある。」とあり。
『日本歴史地名大系 49 総索引』 福島・新潟・秋田・山形・秋田に記載あり。
『日本地名大事典 下 せ~わ』〈反田〉に「新潟県見附市の地名」とあり。

《Google》を〈曽利田 & 由来〉で検索すると、個人運営サイトに「反田」姓について論議しているものあり。
事前調査事項
(Preliminary research)
調査済み資料:「姓氏家系大辞典」(角川書店)「反田」の項に「石見ニ存ス」との記載あり。「日本姓氏大辞典」(角川書店)「人名よみかた辞典 姓の部」(日外アソシエーツ)
NDC
系譜.家史.皇室  (288 9版)
参考資料
(Reference materials)
『難読稀少名字大事典』(森岡浩 東京堂出版  2007)
『難読稀姓辞典』(高信幸男 日本加除出版 1993)
『実用難読奇姓辞典 増補新版』(篠崎晃雄 日本加除出版  1990)
『日本苗字大辞典』(丹羽基二 芳文館 1996)
『角川日本地名大辞典 7 福島県』
『角川日本地名大辞典 5 秋田県』
『日本名字家系大事典』(東京堂出版 2002)
『角川日本姓氏歴史人物大辞典 19 山梨県』
キーワード
(Keywords)
姓氏
曽利田(ソリタ)氏
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000049639解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!