このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000049625
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2008-018
事例作成日
(Creation date)
2008/07/24登録日時
(Registration date)
2008年12月11日 02時10分更新日時
(Last update)
2009年01月06日 14時39分
質問
(Question)
彫刻家で「空の神兵」の作者、八柳恭二の①経歴と作品について、②この人物が靖国神社の狛犬の作者である「八柳恭次」と同一人物であるか、を知りたい。
回答
(Answer)
①経歴と作品
以下の資料に主要作品・出品記録と略歴は出ていたが、詳しい経歴は確認できなかった。
『昭和期美術展覧会出品目録 戦前篇』(中央公論美術出版 2006)
p139「出品作家一覧」に八柳恭次の名前あり。戦前の主要作品10点と出品記録あり。名前の表記は「空の神兵」(ニ科会第30回展 1943)のみ恭二、その他は恭次。
『美術名典 昭和50年版』(芸術新聞社) 生没年、出身地、所属団体、代表作等の記述あり。また、「二紀会の創立会員、審査員」との記述もある。
『同 昭和49年版』 生前の住所と名前の読み「ヤツヤナギ、キョウジ」あり。どちらも名前の表記は恭次。

②靖国神社の狛犬作者と同一人物かどうか
『靖国の闇にようこそ』(社会評論社 2007)p26-27に「後藤良と八柳恭次が狛犬のデザイン及び監修をして,小沢映ニが刻んで完成したもの・・・八柳恭次も、二紀会彫刻部会初代審査員などをつとめた彫刻家」とある。 
『読売新聞(1966年10月13日 朝刊)』に靖国神社の狛犬に関する記事が掲載されており、所属団体、生前の住所とも上記①の資料と同じである。ただし、出身地が①の資料では秋田県、新聞記事では真鶴となっており、この点が確認できなかった。
回答プロセス
(Answering process)
自館所蔵目録を検索し,該当資料を確認した。
同一人物かどうかについては回答に使った資料の他、『靖国神社百年史』(靖国神社)に八柳恭次の名前は出ていたが、詳しい記述はなかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
彫刻史.各国の彫刻  (712 9版)
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
『昭和期美術展覧会出品目録 戦前篇』(中央公論美術出版 2006)
『美術名典 昭和50年版』(芸術新聞社)
キーワード
(Keywords)
彫刻家-日本
八柳 恭次(ヤツヤナギ キョウジ)
狛犬-靖国神社
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000049625解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!