このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000049172
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
OSPR08110006
事例作成日
(Creation date)
2008年09月06日登録日時
(Registration date)
2008年11月22日 02時10分更新日時
(Last update)
2008年11月22日 09時49分
質問
(Question)
川端康成が自ら所有する国宝「十便十宜図」について書いた本(文章)を探しています。
回答
(Answer)
『芸術新潮 58(2)』に「おそるべし!川端康成コレクション」という特集があり、そこからえた情報は以下のとおり。
 (1)『川端康成全集』の月報第11巻・第12巻に該当箇所があるもよう
   府立所蔵の全集(第一次・第三次・第四次版)の月報では確認できず⇒第二次を所蔵せず。
 (2)『川端康成と東山魁夷:響きあう美の世界』にコレクション掲載。pp.12-15に短文と図版あり。
『川端文学の世界 4』p.291 「川端康成と古美術」(谷口幸代/著)に「『口絵解説』のように自ら所蔵の品について筆を執ったものもある」とあり。
 (3)『川端康成全集 28』pp.466-489『口絵解説』所収。
  以下の箇所に短文あり。
  pp.474-475 「九 与謝蕪村「十宜図」のうち「宜暁」 」前掲 (1)月報12に相当
  pp.475-476 「十 池大雅「十宜図」のうち「淙濯便」」前掲 (1)月報11に相当
  pp.482-483 「十八 与謝蕪村 十宜の内、宜秋」
  pp.484-485 「二十 池大雅 十便帖の一、耕便」
*(3)の解題(p.567)によると『口絵解説』とは、新潮社版第二次『川端康成全集』(1959-62)全12巻と第三次(1969-1974)全19巻のうち第14巻までの巻頭に添えられた所蔵の美術品の写真について、第二次では「月報」に、第三次では「写真の裏面」に執筆された短文をまとめたものである。
**『口絵解説』の「十八」「二十」は以下の第三次全集に掲載あり。
 『川端康成全集 8』 (新潮社 1977)918.6/58
 『川端康成全集 10』(新潮社 1977)918.3/58
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
作品集  (918 8版)
参考資料
(Reference materials)
『芸術新潮 58(2)』(新潮社 2007/02/01)(ページ:) (資料番号:4111051969,請求記号:P70/1N)
『川端康成と東山魁夷:響きあう美の世界』(川端香男里/監修 求龍堂 2006.9)(ページ:12-15) (資料番号:1115393728,請求記号:910.26/2425N/カワ)
『川端文学の世界 4』(田村充正/編 勉誠出版 1999.5)(ページ:291) (資料番号:1113976524,請求記号:910.26/2425N/カワ)
『川端康成全集 28』(新潮社 1982.2)(ページ:466-489) (資料番号:161115732,請求記号:918.6/128)
キーワード
(Keywords)
十便十宜図 
川端康成
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌事項調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000049172解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!